FXのレバレッジ規制で損してない?規制なしのXM

Pocket

FXのレバレッジ規制

以前は日本のFX業者にもレバレッジ規制はなく、レバレッジ400倍などのハイレバレッジでトレードできました。

ハイレバレッジの魅力でFXの人気と知名度が一気に上がりました。

2010年、日本に於けるFX取引会社の取り引きは最大レバレッジが50倍までに規制されました。

2011年、最大レバレッジはさらに引き下げられ、25倍までに規制されました。

FXの魅力はハイレバレッジにありました。

レバレッジ規制によりFXの魅力は大幅に下がりました。

なぜFXのレバレッジは規制されたのでしょうか。

それはハイリスク・ハイリターンだからです。

レバレッジを利かせることで大きく稼ぐことができる反面、大きな損失を被ることもあります。

元金割れを起こし資金がマイナスになってしまう危険もあります。

ギャンブル感覚でトレードを行う人が少なからずいて、その結果、大損する人が後を絶ちませんでした。

自分の資金力を無視して最大レバレッジでトレードを行ったことが原因です。

予想が当たったときは大きな利益が得られるので、ギャンブル感覚でトレードしてしまう気持ちもわかります。

しかしFXはギャンブルではありません。

社会情勢に目を向け、為替がどの方向に動くのかを予想します。

トレーダーはいろんな情報に目を配りテクニカルチャートなどで分析します。

そこから導き出した答えを元にエントリーしているのです。

それでも時に為替チャートは予想外の動きをしトレーダーを翻弄します。

FXでトレードする理由は儲けたいから。

レバレッジ25倍の場合、必要証拠金が多く必要です。

そのため、多くのロットでトレードすることができず利益が出ても少額です。

少ない利益のためにFXでトレードするつもりはありません。

レバレッジの規制は日本のFX業者のみなので海外のFX業者では1000倍を超えるレバレッジで取り引きが行えるところもあります。

レバレッジの威力がどのくらいすごいのか再確認してみましょう。

レバレッジ無しの場合、レバレッジ25倍の場合レバレッジ1000倍の場合で比較します。

ドル/円が100円のときに「買い」で取り引きを開始したとします。

トレードに使う必要証拠金を10,000円とします。

レバレッジ無しの場合、実際の取り引き金額も10,000円です。

1ドル=101円になった場合、10,100円になり100円の含み益となります。

1ドル=99円になった場合、9,900円になり100円の含み損となります。

レバレッジ25倍の場合、実際の取り引き金額は250,000円です。

1ドル=101円になった場合、252,500円になり2,500円の含み益になります。

1ドル=99円になった場合、247,500円になり2,500円の含み損となります。

レバレッジ1000倍の場合、実際の取り引き金額は10,000,000円になります。

1ドル=101円になった場合、10,100,000円になり100,000円の含み益になります。

1ドル=99円になった場合、9,900,000 円になり100,000円の含み損となります。

10,000円での取り引きなので100,000円の損失ということは元金割れを起こし90,000円のマイナスとなります。

このような場合マイナス資産となってしまいます。

マイナスになった場合、「追証」が発生し不足分を速やかに入金しなければなりません。

でもXMならば大丈夫、「ゼロカット」というシステムによりマイナス分は0に戻ります。

つまり「追証」は発生せず、借金は負わないということです。

レバレッジ888倍+ゼロカットで稼ぐ海外FX業者のXM。

レバレッジ1000倍で失敗しないために

トレードのやり方がわからない状態から初心者がいきなり1000倍のレバレッジで取り引きするのは危険です。

まずはFXの取り引きのやり方を覚えましょう。

FX各社で提供しているデモトレードを試してみるのがわかりやすいです。

デモといっても実際のリアルタイムの相場でトレードを行いますので、実際のお金でトレードしているか、仮想のお金でトレードしているかの違いだけでトレードのやり方は同じです。

海外FX業者の中で一番人気があるのがXMです。

海外のFX会社ですが日本語に対応しているので口座開設もスムーズに行えるのが「XM」の人気が高い理由の一つです。

レバレッジは1000倍とまではいきませんが最大で888倍です。

嬉しい口座開設ボーナスもあります。

口座開設で3,000円が口座に反映されます。

入金しなくても3,000円でリアルトレードが始められます。

1円も使わずにFXでレバレッジ888倍のトレードを体験できます。

もちろん利益が出れば利益分は出金できます。

日本のFX業者の場合、損失が出て証拠金以上のマイナスが発生した場合、「追証」が発生します。

マイナスした分は速やかに入金しなければなりません。

でもXMの場合、仮にマイナスになってしまっても「ゼロカット」というシステムがありマイナス分は「0」に戻してくれます。

このゼロカットは日本のFX業者ではないシステムです。

ゼロカットがある分、ローリスク・ハイリターンだと思いませんか?

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!