XMのレバレッジが200倍に下げられる場合

Pocket

XMの最大の魅力は最大レバレッジ888倍です。

資金が10万円の場合、888倍の8888万円分でトレードが行えます。

FX口座に入金すると「入金ボーナス」が付くので10万円を入金すると、ボーナスが6万円付きトレードに使える金額は16万円分になるため、16万円の888倍で1億4208万円でトレードできることになります。

1億円を超える金額でトレードできるのはレバレッジ888倍だから。

たったの10pipsの利益でも10万円もの利益になります。

しかし口座残高によりレバレッジが変更される場合があります。

継続して888倍でトレードしたいと考えるのならば口座残高を確認し、残高の調整をお願いします。

口座残高によりレバレッジ888倍200倍に変更されます。

200倍のレバレッジも口座残高により100倍に変更されます。

レバレッジ888倍が200倍に下げられるのは口座残高が$20,000-を超えている場合です。

$20,000-ということは1米ドル=110円時の場合約220万円です。

ハイレバレッジでのトレードでは口座残高が220万円を超えることは特別なことではありません。

レバレッジ200倍が100倍に下げられるのは口座残高が$100,000-を超えている場合です。

口座残高が約1,100万円を超えないように口座残高を調整しましょう。

レバレッジの変更はメールで連絡が来ます。

事前に連絡が来るのではなく事後報告です。

レバレッジの変更はシステムが自動で行っているのではありません。

XM側が手動で切り替えているようです。

そのため、一時的に220万円、1,100万円を超えてもレバレッジの変更は行われません。

すぐに口座残高の調整を行えば大丈夫です。

レバレッジを下げられたくなければ口座残高を定期的に確認しましょう。

追記

ここでいう「口座残高」とは保有しているすべての口座合計有効証拠金です。

残高+クレジット(+orー未実現損益)になります。

レバレッジ200倍でも十分にハイレバレッジですが、為替にあまり変動がないときはレバレッジ888倍が有効です。

ハイレバレッジでのトレードはより多くのロット数でトレードが行えるため大きな利益が期待できます。

資金が増えてきたらロット数を増やしてトレードできるので、さらに大きな利益が期待できます。

しかし大きな利益が期待できるということは大きな損失を被る可能性もあるということです。

でも大丈夫、XMにはゼロカットがあります。

例えば急激な為替変動が起こったとします。

相場は一気に活性化し大量の注文が入ります。

大量の注文を処理しきれなくなりシステムがダウン、一時的に為替レートが提示できない状態に陥ります。

システムが復旧し、再び為替レートが提示されますが、システムダウン前の数値と乖離した為替レートになります。

本来、ロスカットが執行される為替レートを飛び越してしまうので、システム復旧後の為替レートでロスカットが執行されます。

通常は必要証拠金維持率◯◯%を下回ったところで行われるロスカットですが、証拠金維持率0%を超え証拠金維持率がマイナスになった状況でロスカットが執行されることになります。

証拠金維持率がマイナス、つまり借金を抱えた状況になります。

その借金の金額には下限はありません。

状況によっては恐ろしい金額の借金になる可能性もあるのです。

日本のFX業者を利用していた場合、「追証」が発生し、マイナス分は速やかに入金しなくてななりません。

XMにはゼロカットがあるため、マイナスになった口座残高は0(ゼロ)に戻ります。

日本のFX業者で起こる「追証」は発生しません。

そんな怖いことが起こるわけがない。

そう思いたいのですが、実際、過去に何度も起こっています。

XMは実際にゼロカットを滞りなく実行した実績があるので信頼性は高いです。

XMで∞(無限大)の可能性を888倍のレバレッジで。

レバレッジの変更は「大統領選挙」などの大きなイベントが起こる前後にも実施されます。

この場合は事前にメールなどで告知されます。

イベント終了後、為替が落ち着いたころにレバレッジ規制は解除されます。

レバレッジ規制が解除されたこともメールなどで知らせが入ります。

一時的なレバレッジ調整なので一時的にレバレッジが下げられてもイベントが終了すればレバレッジは元に戻ります。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!