FXトレード10万円→6億円伝説

Pocket

FXでわずか3ヶ月間でたった10万円の元手から6億円にまで増やした伝説のトレーダーがいます。

これはそんな昔の話しではありません。

2010年の話しです。

この伝説のトレーダー、その後どうなったと思いますか?

最終的に手元に残ったお金は30万円余り。

彼の目標は10億円でした。

たったの3ヶ月間で6億円まで増やせたのですから、10億円に増やすことも夢ではなくなっていました。

しかしその後、3億円ものロスカットを喰らいます。

その後さらに1億円まで減らし、最終的に手元に残ったのは僅か30万円でした。

6億円の時点で止めておけばよかったのに。

そう思えるのは後になってからです。

10億円が目標だったこと、10万円から始めたのでまた「取り戻せる」という「根拠のない自信」もありました。

3億円ものロスカットを経験しても金銭感覚が麻痺していたのか、3億円という金額の大きさに実感がなかったでしょう。

現実的な金額である「30万円」になってようやく「もう勝てない」ということに気が付いたのです。

このトレーダーが有名になった理由。

それはトレードをネットで生中継していたからです。

3億円のロスカットの瞬間も生中継されていました。

最終的に30万円しか残らなかったものの、6億円まで増やすことができたのは事実。

どんな手法で増やしたのか興味ありませんか?

いくつかの手法を使い分けていましたが、手法はシンプルなものでした。

代表的な手法はRSIにトレンドラインを引く手法でした。

他には「窓埋め」という手法も使っていました。

最近は窓埋め手法が通用しなくなってきたため今では窓埋め手法は難しいです。

6億円になったところでFXを止めていれば一生遊んで暮らせたのですが「10億円まで増やしたい」という欲が出てしまいました。

3億円のロスカットを食らったところで止められれば多くのお金を残せたのにトレードを止められませんでした。

FXにも「ビジナーズラック」はあります。

しかしビギナーズラックだけで6億円にまで増やすことはできません。

シンプルな手法を淡々とこなすことができたからこそ得られた利益なのです。

もしかしたら10億円になったらところでFXを止めて「勝ち逃げ」できたのかもしれません。

FXでは1年で1億円稼ぐよりも10年連続で1,000万円稼ぐほうが難しいです。

たまたま自分のトレード手法がうまくいく期間だったというだけで一気に稼げることもあります。

短期間で6億円まで増やすにはハイレバレッジ

2010年当時と現在では決定的な違いがあります。

それはレバレッジ規制です。

2010年まではレバレッジに規制はなく、400倍などのハイレバレッジでトレードができました。

段階的にレバレッジ規制が行われ、現在では最大レバレッジが25倍までしかかけられません。

たった3ヶ月で6億円にまで増やすことは今では難しくなってしまいました。

今の日本のFX業者では。

レバレッジ規制は日本のみ行われたものです。

海外のFX業者にはレバレッジ規制はありません。

海外のFX業者人気No.1のXMならば最大レバレッジが888倍です。

XMでトレードしている人は長くトレードしています。

長くトレードできる理由の一つには「勝ちやすいから」であると思われます。

いくら使いやすくても、利益の出ないFX業者でトレードしていても時間の無駄です。

また、極小の利益を積み重ねて一度の大きな損失ですべてを失う「コツコツドカン」を喰らうのも時間の無駄です。

一度に大きな利益を稼ぐことができれば。

XMならば最大レバレッジ888倍の力で、少ない資金でも大きなポジションを取ることができます。

勝てば大きな利益を短期間で得られる可能性があるのです。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!