FXは大衆心理を利用してトレードすること

Pocket

FXの世界は「9割のトレーダーが負ける」と言われています。

FXで勝てるのはトレーダーの1割しかいないということです。

つまりFXでは「大衆」は負け組です。

なぜ大衆は負け組なのか?

為替レートがどのようにして変動するかを考えてみます。

」が買われれば「円高」になります。

「円」の価値が上がるからです。

ならば、みんな(大衆)が「円」を買えば円高になり、「大衆」は利益を得られるのでは?

現実は違います。

大衆は損をし、一部のトレーダーのみが利益を得ているのです。

一部のトレーダーの中心にはヘッジファンドがいます。

ヘッジファンドのトレードと同じトレードを行っている一部のトレーダーが勝ち組となるのです。

なぜヘッジファンドが勝つのか?

第一に資金力が違います。

個人1人1人の資金は小さなものです。

ヘッジファンドなどの資金力は莫大なものです。

いくら個人が束になったとしてもその資金力には遠く及びません。

ヘッジファンドなどはその莫大な資金力を活かし為替を一時的に自分たちが有利な方向へ動かすことができます。

エントリーした途端に為替相場が急に反転した。

そんな経験はありませんか?

ヘッジファンドなどは大衆をカモにして利益を上げています。

例えば、大衆が「買い」のタイミングで注文を入れたところで大量の「売り」の注文を入れます。

大衆は「なぜ上がらないのか?」と不安になります。

さらに大量の「売り」の注文を入れます。

価格が下がりました。

大衆は損切りの「売り」の注文を行ったり、ロスカットにより「売り」の注文が行われます。

さらに相場が下がります。

相場が下がるということはヘッジファンドの利益が上がるということです。

テクニカルチャートなどでエントリーのシグナルのみを頼ってトレードするということは「大衆と同じ行動を取っている」ことになります。

ヘッジファンドなどはこれらの動きの逆手をとって罠を仕掛け「大衆を狩る」のです。

資金力を上げるにはハイレバレッジでトレードできるXM。

FXでは異端児であれ

大衆は常に間違っている」という言葉があります。

そうです、間違っているから負けるのです。

間違っている」とは一体何が間違っているのでしょうか?

それは「無知」であることです。

ヘッジファンドに狩られることを知っていれば起こさなかった行動もあるでしょう。

「知らない」ままでFXのトレードを行うこと自体が間違っているのです。

情報はとても大切です。

それもなるべく新鮮な情報が。

損切りができない」は大衆心理

FXの勉強をすれば必ず出てくる「損切りが大事」という言葉。

多くのトレーダーは「コツコツドカン」でやられます。

コツコツと少ない利益を積み重ねたものを一度の負けでドカンと失う。

早く損切りができていれば最小限の損失で済んだのに。

一度「コツコツドカン」を経験すると「早めの損切り」を行うようになります。

しかし「自分が損切りしたら相場が急に反転した」なんてことが多々起こります。

「なんだ、損切りしなければ損しなかったのに。」

損切りせずにもう少し待てばいいという思考に変わってきます。

何度か成功すると「損切りしないほうがうまくいく」と勘違いします。

そしてドカンと大きな損失を食らうのです。

負け組のトレーダーの思考の中心には欲と恐怖があります。

欲は判断を鈍らせます。

しかし、どの部分が「欲」になるのか判断が付かないという人も多いようです。

あなたは「どんな相場でも利益を上げたい」と思い頻繁にトレードしていませんか?

現在がトレンド相場でもレンジ相場でもお構いなしにエントリーしようと考えていませんか?

多くの利益を上げようとする「」が存在します。

恐怖は負けることで根付きます。

FXで一度負けると恐怖により微細の利益でも決済しようと考えます。

少なすぎる利益をコツコツ増やしても一度の損切りで失いかねません。

コツコツ努力した時間までもが無駄になってしまうのです。

ただ、トレードの経験を積み重ねるという意味では無駄ではありません。

天底狙いを好む傾向がある

天井または底と思われるポイントでエントリーしていませんか?

「たぶん今、底を打ったから買いだ」

「ここまで下がったのだからこれ以上は下がらないだろう」

反転するポイントを探してエントリーしようとします。

これはトレンドに逆らったトレードです。

FXで勝ち組は「トレンドに乗っかったトレード(順張り)」を好む傾向にあります。

考え方が真逆です。

負け組はある程度トレンドが続くと「そろそろ下がるだろう」と考えます。

明確なシグナルが出ていないのに「値頃感」から判断してしまうのです。

ここまで上昇したのだからそろそろ下がる

その考えの根拠は何ですか?

天井や底を好むということは逆張りの思考です。

まずは順張りの思考でトレードできるように勉強しましょう。

勉強だけでは一向にトレードは上達しません。

少額でも実戦でトレードし経験を積むことはとても大切なことです。

XMはレバレッジ888倍+ゼロカットの最強組合せ

AIの時代へ突入

最近のトレードはAIを活用した機械によるトレードが為替レートに大きな影響を与える時代になりました。

2018年2月にアメリカ株式相場のダウ工業株30種平均の史上最大の下げ幅を記録しました。

アメリカの景気は順調に回復しているのにもかかわらず大きく下げました。

アメリカの長期金利の上昇がきっかけでしたが、ここまで急落させたのはAIの仕業だと言われています。

同じようなことがFXの世界でも起こっているのです。

最近、「なぜこんな時間帯に為替が大きく動くんだ?」と不思議に思う事ありませんか?

または、これまでは日本時間といったら値動きがあまりないのが特長だったのに最近は値動きが激しい、など。

為替の動きが説明できないときはAIの仕業かもしれません。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!