FXのハイレバレッジは「悪」なのか?

Pocket

FXは危険。

FXに対して悪いイメージを持つ人は「FX」というだけで「危険」だと言います。

絶対に負けるようになっている」と言います。

FXは「負け確定」の「賭け事」ではありません。

FXはちゃんと勉強をしてトレードに臨めば勝てるようにもなるし無駄に負けません。

FXを「ギャンブル」としか考えない人が「博打」のようなトレードを行い負ける。

危険なのはFXについて勉強もせずにギャンブルトレードを行う人、その人です。

そのような人にFXについて危険ではないことを理解させようとしても聞く耳を持たないのでトレードしないことをおススメします。

 

ハイレバレッジは危険。

ハイレバレッジ」の正式な定義はありませんが、日本のFX業者にはレバレッジ規制があり最大25倍と決められているので25倍よりも高いレバレッジのことを指して言っているのかもしれません。

レバレッジ25倍でトレードを行う場合、資金1万円で25万円分のトレードが行えます。

実際にFXでトレードを行うとレバレッジ25倍では物足りなく感じ、ハイレバレッジを求めるようになります。

 

レバレッジ規制の無い海外のFX業者の場合、1000倍近いレバレッジでトレードできます。

資金1万円で1000万円分のトレードが行えます。

資金10万円ならば1億円でトレードできます。

1億円でのトレード・・・・ハイレバレッジでなければ到底トレードできる金額ではありません。

個人でも1億円もの大金でトレードできる特別なシステムが「レバレッジ」であり、大きな利益を獲得できるチャンスが与えられているのです。

このレバレッジというシステムを有効に使って一攫千金を狙える機会が与えられているのです。

使い方を間違えれば「危険」なのは別にFXに限ったことではありません。

 

1億円もの資金を動かすことなどこれまでに経験したことがないため、危険と感じる人もいるかもしれません。

日本のFX業者では最大レバレッジが25倍なので「ハイレバレッジは危険」は「海外のFX業者でトレードすること自体」を指しているのかもしれません。

 

海外のFX業者は危険なのか。

「危険」という判断は人によって基準が違うため、実際に自分の目で確かめて判断してほしいです。

危険かもしれないと思っていても海外のFX業者でのトレードに惹かれるのはやはりハイレバレッジでトレードできるからでしょうか。

少額でのトレードでいいので実際にトレードして判断してください。

 

海外FX業者の中で一番人気があり多くのトレーダーに選ばれているのがXMです。

日本語に完全に対応しているので英語が苦手でも問題ありません。

最大レバレッジは888倍、1万円で888万円分のトレードが行えるのでハイレバレッジだと思います。

入金ボーナスがあり、例えば1万円入金すると1万円分のボーナスが付き2万円分でトレードできます。

日本のFX業者にはない「ゼロカット」というシステムがあり、仮に口座残高がマイナスになっても「0(ゼロ)」に戻ります。

 

ハイレバレッジが本当に危険かどうかシミュレートしてみます。

 

1ドル=110円のときに上がると予想して10万通貨分「買い」ました。

10万通貨のポジションを持つのに必要な証拠金は、

110円×10万通貨÷888倍≒12,388円

1万円の入金でボーナス1万円が付き、2万円分がトレードに使えるので1万円の入金だけでも10万通貨のポジションを持つことが可能です。

 

同じ1万円で日本のFX業者のレバレッジ25倍だと、

110円×2200通貨÷25倍=9,680円

たったの2200通貨分しかポジションが持てません。

 

1ドル=111円になりました。

「買い」でポジションを持っているので含み益となります。

XMでトレードしている場合、利益は10万円になります。

 

逆に、1ドル=109円に下がりました。

「買い」でポジションを持っているので10万円もの含み損になります。

1ドル=109円になる前に証拠金維持率が基準値を下回りロスカットによる強制決済が行われます。

因みにXMのロスカットレベル(証拠金維持率)は20%です。

ロスカットが行われれば資金はマイナスにはならず、多少の資金が残ります。

しかし為替相場は忘れたころに大変動が起こります。

大変動は大きなニュースは入ったときなどに起こります。

大変動が起こると大量の注文が殺到しシステムが処理しきれなくなります。

パンク状態に陥りシステムがダウンしてしまいます。

為替は下がっているのにシステムが復旧しないためロスカットが機能しません。

システムダウン中も為替は動いています。

システムが回復したときに提示されたレートで決済が行われロスカットレベル以上の損失が起こります

口座には多額のマイナス資金が表示されます。

 

日本のFX業者でトレードしていた場合、「追証」が発生しマイナス分は速やかに入金しなければなりません。

しかし海外FX業者の「ゼロカット」ならば、たとえ「ウン百万」ものマイナスになったとしても後で0(ゼロ)に戻してくれます。

 

ゼロカット」を採用している海外FX業者のハイレバレッジの一体どこが「危険」なのでしょうか?

予想が当たれば大きな利益となり、予想が外れても損失は入金したお金のみ。

追証」が発生する日本のFX業者のほうがよっぽど危険だと思いませんか?

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!