どこが危険?FXでハイレバレッジは危険だと言うけれど

Pocket

FXは危険。

FXに対し悪いイメージを持っている人は「FX」というだけで「危険」だという。

絶対に負けるようになっている」という。

実際にFXでトレードしたことがないのに自分の抱くイメージだけで勝手に思い込む。

そういう人には何を言っても考えは変わらないので無理強いはしないほうが良い。

FXでトレード経験がある人が「FXは危険」と言っている場合、もしかしたらその人はトレードの仕方を間違っていたのかもしれない。

FXはギャンブル」のような考え方を持っていて、一攫千金狙いのギャンブルトレードを行って負けたのかもしれません。

言うなら「ギャンブルは危険」です。

ハイレバレッジは危険。

「ハイレバレッジ」とは何倍から上のことを指すのでしょうか?

日本のFX業者のレバレッジは最大で25倍までと決められています。

資金1万円で25万円分のトレードが行えます。

25倍ではハイレバレッジだとは感じません。

レバレッジ規制の無い海外のFX業者の場合、1,000倍近いレバレッジでトレードできます。

資金1万円で1,000万円分のトレードが行えます。

1,000万円を扱うことなんて通常ではありえないことですよね。

資金10万円ならば1億円でトレードできるのです。

ハイレバレッジです。

1億円もの資金を動かすなんて自分の資金力を大幅に上回っています。

身の丈に合わない金額でトレードするのは危険と感じるかもしれません。

日本のFX業者では最大レバレッジ25倍なので「ハイレバレッジは危険」は海外のFX業者でのトレードを指しているものと連想できます。

海外FX業者は危険なのか。

海外FX業者の中で一番人気があり選ばれているのがXMです。

日本語に完全に対応しているので安心できることも選ばれる理由の一つかもしれません。

最大レバレッジは888倍、1万円で888万円分でトレードできるのでハイレバレッジです。

入金ボーナスがあり、例えば1万円入金すると1万円分のボーナスが付き2万円分でトレードできます。

日本のFX業者にはない「ゼロカット」システムがあり、仮に口座残高がマイナスになってしまっても「0(ゼロ)」に戻してくれます。

ハイレバレッジが危険かどうかシミュレートしてみましょう。

1ドル=110円のときに上がると予想して10万通貨「買い」ました。

10万通貨のポジションを持つのに必要な証拠金は、

100円×10万通貨÷888倍=12,388円

2万円分までトレードに使えるので1万円の入金で10万通貨のポジションが持てます。

これが日本のFX業者のレバレッジ25倍だと、

110円×2,200通貨÷25倍=9,680円

たったの2,200通貨分しかポジションが持てません。

1ドル=111円になりました。

「買い」でポジションを持っているので含み益となります。

ここで決済すれば10万円もの利益となります。

逆に、1ドル=109円に下がりました。

「買い」でポジションを持っているので10万円もの含み損になります。

その前にロスカットにより強制決済が行われていることでしょう。

因みにXMのロスカットレベルは20%です。

ロスカットが行われれば資金はマイナスにはならず、多少の資金が残るでしょう。

しかし為替というものは怖いものでときどき大変動が起こります。

大変動が起こると大量の注文が殺到しシステムが処理しきれなくなります。

パンク状態になるとシステムがダウンしてしまいます。

為替は下がっているのにシステムが復旧しないためロスカットが機能しません。

システムダウン中も為替は動いています。

システムが回復したときに提示されたレートで決済が行われてしまうのです。

それもロスカットレベルを大きく下回ったレートで。

強制決済が行われ、口座には多額のマイナス資金が表示されます。

日本のFX業者でトレードしていた場合、「追証」が発生しマイナス分を速やかに入金しなければなりません。

しかし海外FX業者の「ゼロカット」であれば、たとえ「ウン百万」ものマイナスになったとしても後で0(ゼロ)に戻してくれるのです。

これのどこが「危険」なのでしょうか?

予想が当たれば大きな利益となり、予想が外れても損失は入金したお金のみ。

「危険」なのはFXはギャンブルと決め付け、一攫千金を狙う考え方かもしれません。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!