FXのデモトレードを続けてはいけない

Pocket

FXでデモトレードを行うのは、トレードツールが使いやすいか、操作がしやすいかなどを確認するものであり、FX業者が決まったらデモトレードを行うのは操作方法を覚えるまでにしてください。

デモトレードでたくさん儲かったとしても実際のお金が増えるわけではありません。

逆にリアルトレードを行っていなかったことを後悔するだけです。

 

デモトレードで利益は出ましたか?

デモトレードで大きく勝てたという人はたくさんいます。

 

「もしかしたら自分にはFXの才能があるかもしれない」

そう勘違いをする人は実に多いです。

 

デモトレードを卒業しリアルマネーでトレードを始めたら全く勝てなくなった。

 

デモトレードとリアルトレードと一体何が違うのか?

 

それは「精神状態」が違います。

デモトレードでは負けても損しません。

思い切ったトレードが行えます。

 

リアルトレードの場合は失敗したら損をします。

誰もが損はしたくありません。

この違いがトレードに現れます。

 

FXのデモトレードは使い方を覚えるまでにしておきましょう。

そして少額でもいいのでリアルマネーでトレードを始めましょう。

 

少額でも自分が実際に損するかもしれないと思うと真剣になります。

実際に利益が確定したときのうれしさもデモトレードのときとは格段に違うと思います。

 

人はとても都合のいい計算をしてしまう生き物です。

少額のトレードで利益が出ると、資金を増やせば比例して利益も多くなると。

 

少額でのトレードの利益は少ないです。

現在の10倍の資金でトレードすれば利益も10倍になる。

100倍の資金でトレードすれば利益も100倍!

 

しかし現実はそんなに甘くありません。

 

トレードする金額が上がることで「精神状態」に変化が起こります。

もしも負けて大きな損失になってしまったら。

 

実際のトレードで「自分の勝てるルール」が見つかったらルールを自ら破ってはいけません。

 

トレードの感覚を鍛えるためにもリアルマネーでトレードしましょう。

どのFX業者を選んだとしてもリアルマネーでトレードしてみて自分に合っているか確認するべきです。

 

デモトレードだけでは正しい判断はできないと考えてください。

 

理由はわかりませんが、「自分と相性がいい」FX業者というものがあります。

自分と相性がいいと思うだけでも「勝てるマインド」が生まれトレードに影響が出るようです。

 

自分と相性がいいFX業者というものを探すのは結構むずかしいですよね。

条件が良くて多くのトレーダーが利用しているFX業者がいいと考えられます。

レバレッジ規制により多くのトレーダーが海外のFX業者に乗り換えました。

そして長くトレードを続けています。

長い期間トレードを続けられるということはそれだけ「負け越していない」ということでしょう。

海外FX業者のいいところといえば「レバレッジ規制がない」「ゼロカットシステム採用」かと思います。

海外FX業者の中で一番の人気を誇る「XM」の場合、最大レバレッジは888倍です。

ゼロカットは仮に口座残高がマイナスになってしまっても、あとから「0」に戻してくれます。

日本のFX業者にはないサービスです。

XMはFXトレード中級者以降のトレーダーに向いていると思いますが、初心者でも十分に利用できると思います。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!