マイナンバーの登録が要らないFX業者

Pocket

FXで新規に口座を開設する際にはマイナンバーを提出しなければなりません。

現在使用しているFX口座についても2018年までにはマイナンバーを提出しなくてはなりません。

FX業者にマイナンバーを知らせることで「勤務先にFXをしていることが伝わらないか」心配する人が多いです。

勤務先にFXを行っていることが伝わることはありません。

FX業者にマイナンバーを提出することでFXでトレードしていることが税務署に伝わります。

FXで得た利益は確定申告で納税します。

中にはFXでの利益を申告していない人がいるらしいです。

一年間に20万円以上の利益がある場合、確定申告をしなければなりません。

FX業者にマイナンバーを提出することで過去に確定申告をしていなかったことがバレます。

芋づる式に過去の未納分に関してもバレることになりますので、無申告加算税重加算税などの追徴課税が課せられることになります。

勤務先へのマイナンバー提出だけでもいい気はしないのに、FX業者にまでマイナンバーを提出するのは気分悪いです。

いろいろな場所にマイナンバーを提出することでマイナンバーが悪用されないか心配になります。

多くの人はマイナンバーの提出に良い印象を持っていません。

海外のFX業者ならばマイナンバーは必要なし

海外のFX業者で口座開設する場合、マイナンバーを提出する必要はありません。

マイナンバーは日本独自のシステムなので海外のFX業者では必要ありません。

海外のFX業者は人気があります。

海外のFX業者の人気が出たのは日本のFX業者に対するレバレッジ規制がきっかけでした。

以前は日本のFX業者でも400倍などのハイレバレッジでトレードできましたが規制により最大25倍までとなりました。

多くのトレーダーは25倍のレバレッジに物足りなさを感じました。

そこで多くのトレーダーは海外のFX業者に乗り換えました。

海外のFX業者にはレバレッジ規制はありません。

400倍を超えるハイレバレッジが標準、世界の標準はハイレバレッジです。

ハイレバレッジでのトレードはハイリスクである。

よく耳にする言葉ですが、リスクはハイレバレッジがもたらすのではなく、資金管理のずさんさにあります。

レバレッジを高く設定することでロット数を増やしてトレードが行なえます。

ロット数に比例して少ない値動きでも大きな利益(損失)になります。

十分な証拠金維持率を確保していない場合、早い段階でロスカットになる可能性があります。

ハイレバレッジの恩恵は必要証拠金が少なくて済むことにあります。

想定される値動きに耐えうるだけの証拠金維持率を確保していれば簡単にはロスカットされません。

海外FX業者人気No.1XMでは、完全日本語対応なので海外のFX業者であることを忘れてしまうくらいです。

日本人スタッフも多数在籍しているため、日本語で質問などができサポートも安心です。

しかも、最大レバレッジは888倍

これまでに体験したことのないハイレバレッジでのトレードが行えます。

そして日本のFX業者には無いサービス「ゼロカット」も魅力です。

仮にFX口座がマイナスになってしまった場合、日本のFX業者の場合は「追証」が発生し直ちに不足分を入金しなければなりません。

XMの場合、マイナス分は0(ゼロ)に戻してくれるため「追証」は発生しません。

損失はFX口座の資金のみなので安心してトレードが行えます。

世界標準のMT4(メタトレーダー4)が無料で利用できます。

最近流行りのEA(自動売買プログラム)を行うこともできます。

口座開設時のボーナス、入金時のボーナス、取り引き毎のボーナスなど、豪華なボーナスが貰えることも魅力の一つです。

いろいろなボーナスがもらえるため運用資金が増え、多くのロット数でトレードが行えます。

規制だらけの日本のFXからレバレッジ888倍のXMに乗り換え

マイナンバー提出期限の2018年12月が迫ってきました。

提出期限内にマイナンバーを提出しなかった場合、2019年からはFXのトレードが出来なくなる処置が取られると思います。

国内のFX業者でトレードを続けたい人はマイナンバーを提出しましょう。

これを機会に海外のFX業者に乗り換えると考えているのならばXMが第一候補となるでしょう。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!