ロンドンフィキシングとは

Pocket

ロンドンフィキシングとはロンドン市場の16時のフィキシング(値決め)のことをいいます。

これは金(GOLD)のスポット価格を決定することを意味しています。

ロンドン市場は貴金属の現物取引において世界で最も重要な市場であるため、ロンドン市場で決定される金の価格は世界的な金の価格指標となります。

金はドル建てで取り引きされていることからドル資金の需要にも影響を与えます。

この時間帯は為替相場が大きく動くことがあるためロンドンフィキシングを狙った取り引きを行うトレーダーも多いです。

 

ロンドン市場の16時は日本時間の25時になります。

(夏時間の場合、ロンドン市場=15時、日本時間=24時)

 

月末ロンドンフィキシングとは

月末のロンドンフィキシングの価格は大手銀行やヘッジファンドの決算数値に使用されます。

決算の数字をよくするために大口の取り引きが頻繁に行われる傾向にあります。

そのため月末ロンドンフィキシング前後の為替レートは大きく変動します。

この為替レートが大きく動く時間帯を利用した取り引きを行うのが「月末ロンドンフィキシング手法」です。

「ロンドンフィキシングを狙ったトレード」ということは値動きが一番大きな時間帯を狙ってトレードを行うということです。

 

FXはある程度の値動きがなければ利益が出ません。

最近の為替相場は膠着状態が長く続いています。

方向性も定まらないためトレードが難しい相場だと思われます。

そんな値動きの少ない相場で利益を得るにはなるべく値動きの大きい時間帯にトレードするのは必然です。

日本時間で24時、25時となると兼業トレーダーには少しトレードしにくい時間帯です。

しかしロンドンフィキシングを狙ったトレードにかかる時間は約1時間と短いため睡眠時間が削られることも少ないと思います。

トレードする時間が限られているため兼業でもトレードしやすいのがロンドンフィキシングを狙ったトレード法だと思います。

 

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!