FX、どこがいい?

Pocket

FX会社の比較ランキングなどでFX業者を選ぶ人が多いですがFX業者はどこも似たり寄ったり。

比較する項目は、スプレッド、スワップ、取り引きツール、自動売買あたりでしょうか。

 

スプレッド

スプレッドは狭ければ狭いほどいいと思っているトレーダーが多いようですが「なぜスプレッドを狭くできるか」を考えるトレーダーは少ないです。

日本のFX業者の多くはDD方式(OTC方式)を採用しています。

DD方式の場合、取り引きはトレーダーとFX業者間で行われます。

あなたの注文は直接インターバンク市場と取り引きしていません。

多くの注文はFX業者内のトレーダー同士の注文で相殺されています。

これは「マリー取り引き」と呼ばれています。

Aさんの「買い」の注文とBさんの「売り」の注文で相殺させます。

FX業者はリスク無しでAさんとBさんのスプレッドが利益になります。

しかしスプレッドが狭いということはその分、FX業者の利益は少ないということになります。

FX業者のシステム内で処理されるので多少のスリッページ、レートずらし、ストップ狩りが行われたとしてもトレーダーには確認のしようがありません。

透明性が低いのがDD方式です。

そのため実際には不正行為は行われていないとしても「悪い噂」は後を絶ちません。

 

スワップポイント

スワップポイント狙いのトレードを行うことを目的としている場合はFX業者を選びやすいです。

スワップ比較サイトなどで自分が取り引きしたいと考えている通貨ペアのスワップポイントの高いものを選べばいいのですから。

気を付けなければならないのは、なるべく多くのスワップポイントを稼ぎたいと考えるあまり、高金利の通貨を選ぶことのリスクについてです。

なぜ高金利通貨なのか。

高金利ということは通貨の信用度が低いことが考えられます。

長期的には高金利の通貨は下落する傾向にあります。

スワップポイント狙いで高金利通貨で「買い」のポジションを入れたはいいがレートが下がり含み損がスワップポイントを上回ってしまっては意味がありません。

 

取り引きツール

トレードは主にパソコンを使って行うのか、スマホを使って行うのかに分かれると思います。

日本人は「高性能」や「多機能」であることに魅力を感じるようですが、FXのトレードで使う機能は限られています。

あなたが必要としている機能はどのFX業者を選んでもほとんど備わっているでしょう。

あとは使い勝手が良いかと見た目の好みですが、実際に使ってみないとわからない部分です。

使ってみたいFX業者が複数ある場合は多くのFX業者で「デモトレード」ができるので使い勝手等は確認できると思います。

 

自動売買

各社で自動売買ツールを提供しています。

トライオートFX、FXブロードネット、外為オンライン、ループイフダン、トラリピ、みんなのシストレ、シストレ24など。

自分が使いたい自動売買ツールは決まっていればFX業者選びで迷うことはありませんが、自動売買に興味はあるが各社の自動売買の違いがわからないという人は比較サイトで検討する必要があります。

自動売買ツールの説明を読むと「これなら儲かる」と思ってしまうのですが実際にはなかなかうまく行きません。

自動売買ツールも実際に使用してみなければわからないことが多いです。

 

ハイレバレッジという選択肢

日本のFX業者の中から選ぶ場合、最大レバレッジは25倍に規制されているためどのFX業者を選んでも同じです。

FX業者選びを海外のFX業者まで範囲を広げた場合、レバレッジは大きな選択要素になります。

海外FX業者の場合、高いレバレッジでトレードできます。

一番高いレバレッジでトレードしたい場合はレバレッジ3000倍のFBSです。

スプレッドが狭くてレバレッジ1000倍のGEMFOREXもあります。

一番人気はレバレッジ888倍のXMです。

 

これまで日本のFX業者でしかトレードしたことがない人はハイレバレッジという選択肢は如何ですか?

 

Pocket

error: Content is protected !!