FXでなぜ勝てないのか?

なぜFXで勝てないのか?

 

それはあなたが多くの個人トレーダーと同じような取り引きをしてしまう「大衆」だからです。

 

あなたはどのタイミングで注文を入れていますか?

テクニカルチャートなどを見て注文のシグナルなどに従って、「このタイミングだ」と思い注文を入れる。

しかし多くの場合、注文を入れた途端に為替レートは自分の思惑と反対に動く。

耐え切れなくなって損切り、またはロスカット。

 

為替というものは注文を入れた直後にレートが逆に動くようになっているのです。

 

なぜこのような現象が起こるのか。

 

FXでのトレーダーの割り合いは「9割の大衆」と「1割のプロ」といった感じです。

1割のプロトレーダーが9割の大衆から利益を得ています。

FXで勝つためには1割のプロトレーダーの仲間入りをすることです。

 

そう簡単にプロになれる訳がない。

 

そうです、簡単にはプロにはなれません。

しかしプロと同じようなトレードを行うことでプロに近づきます。

 

それはどんなトレード方法なのか。

 

プロトレーダーは大衆カモにしています。

まず、あなたが考える「ここで注文を入れる」というタイミングを見つけて下さい。

ここで注文を入れるのが「大衆」です。

みんな同じようなことを考え、注文を入れるタイミングも同じようなタイミングになります。

多くの注文が入るので「買い」であったのならば価格は上昇するはずです。

 

しかし価格は上昇しません。

それどころか下降してきます。

 

なぜ?

 

答えは簡単、「売り」の注文のほうが「買い」の注文より多いからです。

みんなが「買い」と思い注文を入れたのに、一体誰が「売り」で注文を入れたのでしょうか?

それは一部のプロトレーダーです。

 

多勢に無勢ではないのか?

 

トレーダーの数的優位は「大衆」にありますが、プロトレーダーは資金力が圧倒的に違います。

多くの資金を動かし、自分の都合のいい方向へ為替を動かすことができるのです。

 

大衆は為替が注文と逆に動いたため「損切り」を行います。

大量の「売り」が入ることになります。

これによりさらに値が下がります。

値が下がったところでプロトレーダーは決済、莫大な利益を手にします。

 

あなたが考えるのは「大衆」が注文するタイミングと「プロ」が動き出すタイミングです。

「大衆の心理」を考えてトレードすることで「9割の負け組」から「1割の勝ち組」に入れるでしょう。

 

大衆の心理でよくあるのが、

ここまで下がったのだから上がるだろう

9割の大衆トレーダーはそう考え買いの注文を入れます。

 

プロトレーダーたちはここで大量の売りの注文を入れさらにレートを下げます。

 

9割のトレーダーは下げに耐えられなくなり損切り、またはロスカット。

これにより、さらにレートが下がりプロトレーダーの利益となるのです。

 

FXでなぜ勝てないのか。

 

それは大衆と同じトレードをしているから。

客観的な目を養うことが重要不可欠なのです。

コメント