FXの「勝ち、負け」は「握力」しだい

Pocket

FXで「勝つ」ためには「買ったときのレートよりも高いレートで決済」または「売ったときのレートより低いレートで決済」しなければなりません。

それ自体は難しいことではありませんが、1回勝ったところで次に負けて損失が利益を上回れば「負け」です。

「コツコツドカン」も然り。

細かい「勝ち」を何度も繰り返し微益を重ねても「一度の負け」で積み重ねた微益以上の損失が出れば「負け」です。

9割のトレーダーが「負けている」という事実。

FXの成功者は10人に1人。

自分が残りの1割に入るためには「握力」が必要です。

握力」とは自分がポジションを持ち続けることのできる資金力のことを言います。

例えば、1万円の証拠金でトレードしている人と10万円の証拠金でトレードしている人がいるとします。

全く同じ条件で取り引きをした場合、先にロスカットになるのは1万円の証拠金でトレードしていた人です。

為替レートは上がったり下がったりを繰り返しています。

1万円の証拠金でトレードしていた人は損失になりました。

つまり「負け」です。

10万円の証拠金でトレードしていた人も「含み損」があります。

その後、為替が反転、逆に「含み益」に転じました。

ここで決済をすれば利益となります。

つまり「勝ち」です。

同じ条件でトレードしても証拠金によって「勝ち」「負け」が変わります。

どこまで自分の予想の逆を行っても耐えられるだけの証拠金があるのかを把握する。

資金管理が実際にできていないトレーダーが多いです。

トレードする通貨ペアのボラティリティ(変動幅)を確認し、耐えうるだけの証拠金を用意する。

またはロット数を調整します。

よく、ネットの広告などで「損切りはするな」という言葉を見ます。

そして、「損切りを確実に実行することが重要」という言葉も見ます。

一体、どちらを信じればいいのでしょうか。

自分の予想がハズレたと思ったのならば予め決めておいた「損切りライン」で損切りを実行することはとても重要です。

ただ、その「損切りライン」はどのくらい下に設定されているのでしょうか?

ボラティリティを無視した損切りラインの場合、ちょっとした為替レートの「ブレ」で損切りラインにタッチしてしまう可能性が高まります。

損切りラインの決め方一つで利益にもなり損失にもなります。

「含み損」の状態であっても為替の動きが「想定内のブレ」であるならばポジションを持ち続けるべきであり、そのためにはポジションを持ち続けられる「握力」が重要になってくるのです。

つまり、「無駄な損切りはするな」であり、「想定から外れたならば確実に損切りを実行せよ」ということです。

そして予想が困難な「重要指標発表時」にはポジションを持たないことです。

ギャンブル的なトレードは良い結果をもたらしません。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!