FBSのレバレッジ3000倍ってこんなに凄いんです

Pocket

世界でおそらく最も高いレバレッジでトレードできるのがFBS3000倍です。

何でも一番がいい」という人は圧倒的なハイレバレッジである3000倍は魅力的だと思います。

ハイレバレッジというと500倍とか1000倍ですが、その上をいく3000倍超ハイレバレッジと言えます。

FBSの超ハイレバレッジ3000倍と日本のFX業者のレバレッジ25倍を比較してみます。

海外のFX業者では通常、1ロットは10万通貨なので10万通貨で計算してみます。

1ドル=100円で「買い」のポジションを持つ場合。

1ロット=10万通貨の必要証拠金

レバレッジ無し=10,000,000円

レバレッジ25倍=400,000円

レバレッジ3000倍3,333円

FXで大きな利益を得るためにはロット数を増やしてトレードすることが有効です。

たったの3,333円で1ロット(10万通貨)のポジションが持てるので少ない資金でロット数を増やしたトレードが行えます。

FXでトレードに使えるお金はいくらですか?

たとえば、10万円を資金として使えるとします。

レバレッジ無し、レバレッジ25倍の場合では1ロットのポジションも持てません。

FBSのレバレッジ3000倍ならば取り引きが可能です。

10万円で持てるポジション数は最大で30ロットです。

30ロットのポジションを持つということは、何と3億円という莫大な金額で取り引きを行っていることになります。

100円で「買い」のポジションを持ち、101円で決済したとしましょう。

利益はいくらになると思いますか?

300万円です。

たった1円の変動で300万円もの利益になるのです。

その逆も然り。

たった1円の変動で300万円もの損失になります。

でもFBSならば大丈夫、FBSにはゼロカットがあります。

FBSには「ゼロカット」がある

海外のFX業者であるFBSには日本のFX業者にはないシステムがあります。

ゼロカット」というシステムです。

※ロスカットと名前は似ていますが、ロスカットとは違います。

(ロスカットもあります。)

為替の急激な変動は過去に何度も起こっています。

急激な為替変動により市場は混乱、大量の注文を処理しきれなくなりシステムがダウンしてしまったことが過去に何度もあります。

システムがダウンして価格は提示させませんが、実際には価格は変動し続けます。

本来ならばロスカットされるはずがシステムダウンにより実行されません。

ロスカットが実行されないということは損失が無制限に拡大する可能性があるということです。

システムが回復したときにはすでに遅し、再度提示された価格はシステムダウン前とかけ離れた価格となり大きな赤字に転落することもあるのです。

日本のFX業者の場合、マイナスになってしまった分は「追証」が発生し速やかに入金しなくてはなりません。

ゼロカットならば「追証」は発生しません。

FXの口座残高のマイナス分は0(ゼロ)に戻してくれます。

まだ記憶に新しい「スイスフランショック」発生時には相場が混乱し実際にロスカットが機能しませんでした。

日本のFX業者でトレードしていた人の中には多額の借金を負ったトレーダーもいました。

追証は「待ったなし」で保証金の追加を要求してきます。

FBSでは問題なくゼロカットが実行されました。

損失はFX口座の資金のみで済みました。

大きく稼げる可能性を秘めているレバレッジ3000倍のFBS

FBS3000倍

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!