スパンモデルとスーパーボリンジャーの組み合わせ

Pocket

FXで勝ち続けることは難しい。

しかし勝率を上げることは比較的簡単です。

トレンドが発生中ならばトレンドの方向に逆らわずにエントリーし利益が出たところで欲張らずに決済。

レンジ相場ならば平均移動線に触れ、平均移動線が上向きなら「買い」、下向きなら「売り」で注文、少しでも利益が出たら決済。

為替チャートを慎重に確認しながらトレードすれば勝率は上がります。

勝率は上がりますが薄利です。

そして予想外の値動きが起こり急激な損失、積み重ねてきた薄利を一気に失ってしまう。

勝率は良くても利益はマイナス。

結構大勢います、勝てるんだけど一発KOで利益を失うトレーダー。

もっと安定した利益がほしい。

タイミングを見計らってのトレードはとても疲れます。

為替チャートから目を離すこともできませんし、トレードに瞬発力まで求められます。

もっとテクニカルチャートを利用するべきです。

優秀なテクニカルチャートがたくさんあります。

たくさんありすぎて、どのテクニカルチャートがいいのかわかりません。

一度試してみる価値のあるテクニカルチャートは・・・・。

注目の「スパンモデル」と「スーパーボリンジャー」

1つのテクニカルチャートだけを利用して売買の判断をするのは危険です。

優秀なテクニカルチャートだとしても状況により得意、不得意があります。

テクニカルチャートを複数組み合わせて使用することで勝率がグッと上がります。

スパンモデルとスーパーボリンジャーを組み合わせて使用するトレードが注目されています。

売買のサインに従いトレードを繰り返すというシンプルなルール。

スーパーボリンジャー

スーパーボリンジャー

スーパーボリンジャーではトレンドを確認します。

中心線(センターライン)が上向きのときは上昇トレンドで、下向きのときは下降トレンドと判断できます。

青色のラインの中心線が21日移動平均線です。

濃いオレンジ色のラインが±1σです。

薄いオレンジ色のラインが±2σです。

黄緑色のラインが遅行スパンです。

ローソク足の終値が+2σよりも上にいるときは強い上昇相場と判断できます。

ローソク足の終値が-2σよりも下にいるときは強い下降相場と判断できます。

スーパーボリンジャーとボリンジャーバンドとの大きな違いは「遅行スパン」があるかないかです。

遅行スパンがローソク足の上にいるときは買い優勢の上昇トレンド、下にいるときは売り優勢の下降トレンドと判断できます。

ローソク足の下に位置していた遅行スパンがローソク足を抜いたときを「陽転」といいます。

下降トレンドが上昇トレンドに変わったサインと読み取れます。

ローソク足の上に位置していた遅行スパンがローソク足を抜いたときを「陰転」といいます。

上昇トレンドが下降トレンドに変わったサインと読み取れます。

スパンモデル

スパンモデル

スパンモデルは相場の動きが一目で判断できるわかりやすい指標です。

一目均衡表がベースになっています。

赤い線が赤色スパンです。

青い線が青色スパンです。

赤色スパンと青色スパンの間をゾーンといいます。

赤色スパンより青色スパンが上にあるときのゾーンをサポートゾーンといい、「買い」を表しています。

赤色スパンより青色スパンが下にあるときのゾーンをレジスタンスゾーンといい、「売り」を表しています。

売買のタイミングはゾーンが切り替わるときです。

遅行スパンの動きを見ることで「だまし」に遭う可能性を下げることができます。

遅行スパンがローソク足を上に抜けると陽転で買い優勢です。

遅行スパンがローソク足を下に抜けると陰転で売り優勢です。

日本のFX業者でスーパーボリンジャーとスパンモデルを表示できる会社は限られています。

MT4ならば高機能なテクニカルチャートを利用できるので思い通りのチャートを表示させることができます。

MT4を利用するのならば海外FX業者を利用するのがいいでしょう。

海外のFX業者の場合、ほとんどの会社がMT4対応です。

MT4は透明性が高く不正な操作を行うことができません。

そのため多くのトレーダーが利用しています。

MT4が利用でき、レバレッジ規制の無い海外FX業者に乗り換える人が多いです。

多くのトレーダーがハイレバレッジを求め海外FX業者に乗り換え、トレードしています。

そんな海外FX業者の中で一番人気が高いのが「XM」です。

最大レバレッジは888倍

ゼロカット採用で「追証」は起こりません。

口座開設時にボーナスとして3,000円が開設した口座に入ります。

1円も入金せずに取り引きが始められます。

入金ボーナスがあり、例えば1万円入金すると100%のボーナスが付き、口座には2万円分が反映されます。

XMが人気の理由に完全日本語対応であることも挙げられます。

多くの海外FX業者が日本語に対応していますが少し日本語が不自然な箇所もあります。

XMの場合は日本人スタッフによるサービスまで受けられるので安心して日本語で取り引きできます。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!