FXのトレンドラインブレイクに起こる「だまし」

Pocket

FXでテクニカルチャートにトレンドラインを引く人は多いです。

トレンドラインを引くことで何がわかるのでしょうか。

FXでチャートを見るとき、まず最初に確認するのは、上昇か下降か横這いかです。

チャートにトレンドラインを引いてトレンドの向きを確認します。

トレンドに逆らってトレードするのはリスクの高いトレード法です。

トレンドに沿った売買を行うことが重要です。

トレンドラインの角度も重要です。

急な角度のトレンドラインは機能しません。

逆に緩やかなトレンドラインはトレンドが発生していない可能性があります。

トレンドラインを毎日引いていると「良いトレンドライン」と「悪いトレンドライン」の見分けが付くようになります。

トレンドラインの角度は25度~45度が理想と言えます。

トレンドラインの角度など測れない

MT4(メタトレーダー4)を使用すればデフォルトで「Trendline By Angle」という描画ツールを使ってトレンドラインの角度を測れます。

MT4は世界で最もメジャーなプラットフォームです。

高機能なトレードツールなのでFXで表示したいテクニカルチャートのほぼ全てが利用できます。

さらにEA(自動売買プログラム)も使えます。

日本のFX業者でMT4が使える会社はほとんど存在しません。

ローソク足がトレンドラインを超えることを「トレンドラインブレイク」と言います。

トレンドラインブレイクが起こった場合、トレンドが変わる判断材料の一つとなります。

しかしトレンドラインブレイクが発生してもトレンドが反転しない場合があります。

いわゆる「だまし」です。

「だまし」を回避する方法はいろいろあります。

トレンドブレイクが一度発生してもすぐには判断せずに、2回目のトレンドラインブレイクでトレンドの転換と判断するという人もいます。

FXで勝つためにはいろいろなテクニカルチャートを分析し、自分のスタイルに合ったテクニカルチャートの組み合わせを見つけることです。

そしてバックテストを繰り返しどんな状況でも収支がプラスになることを確認することです。

それらを行うのに適しているのがMT4(メタトレーダー4)です。

MT4は無料で利用できます。

第三者のシステム開発会社が開発しているため透明性に優れています。

FX業者が不正を行うことができません。

残念ながら日本のFX業者の多くは独自のプラットフォームを採用しています。

独自のプラットフォームというのは中身が見えないため裏で何か操作されていてもトレーダーにはわかりません。

そこに気が付いた人たちは不信感を抱くようになり海外のFX業者に乗り換えています。

MT4という優れたプラットフォームを利用したい人も海外のFX業者に乗り換えています。

海外のFX業者のほとんどがMT4に対応しています。

海外FX業者の魅力は何と言ってもハイレバレッジであることです。

日本のFX業者の場合、最大レバレッジは25倍に規制されています。

海外のFX業者はレバレッジの規制がないためハイレバレッジでトレードができます。

海外FX業者の中で一番人気があるのがXMです。

あなたが求めているもの以上のサービスを提供してくれます。

レバレッジは最大888倍というハイレバレッジ。

ゼロカット」システムにより、仮に大きな損失を被り口座残高がマイナスになっても「追証」はなし、後で「0」に戻してくれます。

MT4に対応しているのでEA(自動売買プログラム)の利用もできます。

口座開設ボーナスとして3,000円が口座に入ります。

入金ボーナスもあり、入金した金額の100%を口座に上乗せしてくれます。

(1万円入金した場合、2万円が口座に反映される)

FXのセミナーを定期的に行っています。

FXのトレードの勉強会で勝てるトレードを学べます。

海外のFX業者は競争が激しいのでいろいろなサービスを行って集客しています。

日本のFX業者の場合はスプレッドの狭さだけで競争している狭い世界なのです。

海外の業者なので英語ができなければトレードできないと思ってますか?

大丈夫です。

XM完全日本語対応です。

日本人によるサポートも受けられますので日本語でどんどん質問してください。

いろいろな縛りがある日本のFX業者から海外のFX業者に乗り換える人が増えています。

この傾向は今後も続くことでしょう。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!