銀(Silver)の特長を知りFXのXMで取り引きする

Pocket

FXのトレードをしながら金(Gold)もトレードする人は多いですが銀(シルバー)(Silver)でトレードする人は少ないです。

金と同じように「宝飾品」の材料や通貨の材料として利用されていますが、金とは違い銀は工業用としての需要も高い金属です。

 

CFD商品としての銀の特長は、金(Gold)の価格の動向に大きな影響と受けます。

工業用としての需要が高いため世界情勢の影響も大きくなります。

主要生産国はメキシコとペルーで全体の約3割を生産しています。

メキシコとペルーの政情にも気を配る必要があります。

 

銀(Silver)のマーケットは金(Gold)のマーケットと比べ規模が小さいため小さな要因でも価格が大きく動きやすいです。

金(Gold)の価格と連動しながらも金(Gold)の価格の動きを上回ることも多々あります。

 

金(Gold)のボラティリティ(価格の変動幅)はFXのおよそ2〜3倍と言われていますが、銀(Silver)は金(Gold)よりもボラティリティが大きいのでCFD取り引きがうまくいけば大きな利益が期待できます。

大きな利益が期待できるということは大きな損失になることもありえるということ、銀(Silver)は「悪魔の金属」と言われることもあります。

 

FXのXMで銀(Silver)の取り引き

海外FX業者人気No.1のXMならばFXと同じように銀(Silver)でもトレードできます。

最大レバレッジは銀(Silver)でも888倍でトレードでき1ロット=5000ozあたりに必要な証拠金はおよそ1万円と少ない資金からでも銀(Silver)のトレードが始められます。

XMならば仮に大負けしてもゼロカットがあるので追証は発生しません。

借金を負うことがないので安心してトレードできます。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!