ハイレバレッジを3000円のボーナスで試せるよ

Pocket

海外FX業者は危険?XMは日本人トレーダーが多いです。

日本のFX業者を使い続けるトレーダーがハイレバレッジに興味はあるのだけれど海外のFX業者を利用しないのは「海外のFX業者は危険」と思い込んでいる場合が多いです。

海外のFX業者というと日本のFX業者以外すべてのFX業者ということになるのでとても多くのFX業者が存在します。

その中には危険なFX業者もあるでしょう。

それは海外のFX業者に限りません。

海外の会社を装った日本の悪徳業者が存在することはあまり知られていません。

 

XMは全世界196ヵ国でFXのサービスを行っています。

日本人が利用している海外FX業者No.1です。

 

XMは資本金が日本円で約400億円の大企業です。

日本のFX業者の大手というとDMMGMOですが、DMM.com証券の資本金は約100億円、GMOクリック証券の資本金は約50億円なので、いかにXMが大企業であるかわかります。

 

初めての海外FX業者はXMがおススメです。

 

XMの資金ブースト装置、レバレッジ888倍

XMの最大レバレッジは中途半端な数字ですが888倍です。

数字の「8」を横向きにすると「∞(無限)」になります。

無限の可能性」を意味しているのだそうです。

 

日本のFX業者にはレバレッジ規制があり最大レバレッジは25倍です。

XMの888倍と比べるとその差は歴然です。

 

1万通貨のポジションを持つために必要な証拠金はいくらになるか比べてみます。

1ドル=110円とした場合、

レバレッジ25倍=44,000円

レバレッジ888倍=1,239円

 

1万円の資金でトレードする場合の注文できるポジション数は、

レバレッジ25倍=2,000通貨(約8,800円)

レバレッジ888倍=80,000通貨(約9,910円)

 

少ない資金から始められる、少ない資金でも大きなロットで注文ができる、それがXMのレバレッジ888倍です。

 

XMのハイレバレッジ888倍を体験する。

 

XMの3つのボーナス

100%

XMにはボーナスが3つあります。

口座開設ボーナス、入金ボーナス、ロイヤルティプログラムの3つです。

 

口座開設ボーナス

口座を新規に開設するだけで3,000円相当のボーナスが口座に反映されます。

この3,000円だけでFXのリアルトレード(実際にお金をかけたトレード)を行えます。

3,000円は少ない金額ですが、XMには「レバレッジ888倍」があるので、トレードに使える資金は888倍の2,664,000円です!

 

入金ボーナス

FX口座に入金するとボーナスが付きます。

最初の5万円までは入金ボーナス100%、その後45万円までは入金ボーナス20%がもらえます。

入金ボーナス100%」ということは、例えば1万円入金するとボーナスが1万円もらえるということです。

1万円の入金で2万円の資金になります。

入金ボーナスの最大は50万円までなので、50万円入金するとボーナスは14万円になり、資金は合計で64万円になります。

 

ロイヤルティプログラム

XMでトレードするとXMPというポイントが貯まります。

特に手続きなどは要りません。

普通にXMでトレードを続けていれば勝手にXMPが貯まります。

このXMPはボーナスと交換することができます。

貯まったXMPを3で割った数字がボーナス金額と交換できます。

例えば30ポイントをボーナスと交換すると、÷3の10ドルがボーナスとして口座に入ります。

(ステータスがGOLD以上になると現金と交換することもできます。XMPを40で割った金額になるのでボーナスと交換したほうが断然お得です)

 

ロイヤルティプログラムには4段階のステータスがあります。

ステータスが上がるにつれ、もらえるXMPが多くなります。

1ロット(10万通貨)往復あたりもらえるXMP

EXECUTIVE=10XMP

GOLD=13XMP

DIAMOND=16XMP

ELITE=20XMP

FX口座を開設し初回入金が完了するとEXECUTIVEでスタートします。

ステータスが上がる条件は取り引き日数です。

30日以上のトレードでGOLDに上がります。

60日以上のトレードでDIAMONDに上がります。

100日以上のトレードで最上位のELITEに上がります。

 

ステータスを最短でELITEに上げるには

XMPがたくさん貯まればボーナスに交換する金額が多くなり、資金的にも有利になります。

できるだけ早くELITEにしておきたいものです。

「ロイヤルプログラム用」にもう一つ口座を作りましょう。

作る口座はマイクロ口座です。

口座を開設したら最小ロットで注文を入れます。

そのまま100日間放置します。

マイクロ口座の最小取り引きロット数は0.01ロット(10通貨)なので約1,100円です。

ドル/円が10円動いても100円程度の損益で済みます。

メイン口座はスタンダード口座としスタンダード口座でトレードします。

 

XMのFX口座は3種類あります。

 

ゼロカットがトレーダーを守る

日本のFX業者のみを利用している人は聞いたことがないかもしれません、ゼロカット

ロスカットではありません。

FXの取り引きで自分の予想が外れ含み損が膨らみ証拠金維持率が規定値を超えたときロスカットが執行され強制的に注文が決済され損失が確定します。

これはトレーダーの資金を守るためのものです。

日本のFX業者の多くは証拠金維持率100%を割るとロスカットが執行されます。

 

いつ起こるかわからない為替相場の急変。

過去に何度も起こっている「〇〇ショック」と言われる為替の急変動。

為替の急変動時には大量の注文が殺到しシステムがダウンすることがあります。

システムがダウンしても為替は動き続けます。

為替は動き続けているのにシステムがダウンしているため決済は行われません。

システムが復旧したとき、そこで初めて決済が行われるのですがロスカット水準を大きく下回ったレートになることもあります。

 

日本のFX業者でトレードしていた人は「追証」を経験しました。

FX口座の残高にはマイナスの数字が表示されています。

つまり借金が発生したのです。

マイナス分は速やかに入金しなければなりません。

 

XMにはゼロカットがあります。

ゼロカットはFX口座の残金がマイナスになっても0(ゼロ)に戻してくれます。

入金した金額以上の損失はありません。

 

ハイレバレッジのXMだからこそゼロカットがあると安心

 

ハイレバ×ゼロカットで爆益

秒スキャ

FXのトレードは「上がる」か「下がる」かの2択です。

1万円を入金しトレードするとします。

1ドル=110円とした場合、1万円で8万通貨(必要証拠金=約9,910円)の注文を入れることができます。

1ドル=111円になりました。

「買い」で注文していた場合、利益は何と8万円です。

たった1回の取り引きで8万円もの利益を得ることができます。

 

しかし逆に「売り」で注文していた場合には8万円の損失・・・・いいえ、その前にロスカットによる強制決済が行われます。

XMのロスカット水準は20%です。

1万円の20%・・・・証拠金維持率が2,000円を割り込むとロスカットが執行されます。

為替の急変によりロスカットが間に合わなくてもゼロカットにより損失は口座にあった1万円のみです。

つまり損失は最大で1万円です。

 

あれ?利益は8万円(実際は入金額が1万円なので7万円)なのに損失は1万円?

仮に予想が5回に1回しか当たらなくても自分のお金は増えていくのでは?

 

予想が1回当たると7万円の利益、予想が外れると最大で1万円の損失。

たとえ5回に1回しか予想が当たらなくても5回の取り引きで利益は3万円になるのです。

 

利益が出たら次のトレード用に1万円を残してあとは出金します。

 

ハイレバレッジ×ゼロカットの組み合わせで爆益のXM

 

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!