FXは入口は二択だけど出口は二択ではない

Pocket

FXで予想するのは為替レートが上がるか下がるかのどちらかです。

注文は「買い」か「売り」の二者択一なので、FXの勝率は50%になると思いますか?

注文を入れた後、上がるか下がるかのどちらかなので勝率は50%になると思ってしまいがちです。

 

現時点の為替レートより、上昇する可能性が高いのか、下降する可能性が高いのか。

いろいろなテクニカルチャートを分析し可能性の高いほうを選ぶ。

それでも為替の動きは予想と反する動きをするのだから「確率」ではFXの答えは導き出せません。

 

問題は注文時に「上がるか」「下がるか」を予想することよりも、決済時のルール決めができているかです。

例えば、時間を決めたトレードをするとします。

10分後に強制的に決済する。

10分後は上がっているかもしれないし下がっているかもしれない。

もしかしたら動きがないかもしれません。

動きが無かった場合、スプレッド差により決済すると損失になります。

10分という短い時間では為替が動かない可能性が高くなります。

仮に少し動いたとしてもスプレッド差を埋めるほどの動きが起こらないかもしれません。

予想通りの値動きだったのにスプレッド差により損失となってしまうこともありうるのです。

結果のパターンが増えるのです。

「予想通りで勝ち」「予想と反し負け」「動きなし」「予想通りだったが損失」

4つの結果のうち、利益となるのはたったの1つ、勝率でいうと25%にしかなりません。

 

時間をもっと長く設定した場合はどちらかに動いている可能性は高まります。

結果が「予想通りで勝ち」と「予想に反し負け」のどちらかになる可能性が高くなります。

ポジションの保持時間が長くなれば勝率は50%に近づくのです。

 

保有ポジションと口座資金の割合も結果に大きな影響を与えます。

証拠金維持率が高ければロスカットレベルに達しにくいため多少の為替変動を耐えられます。

証拠金維持率が低ければ少しの値動きでロスカットされてしまいます。

「ロスカットにより設定保有時間までポジションを維持できなかった」可能性が加わるのでポジションを長く保持する場合でも勝率は50%以下になることはかわりません。

勝率が50%以下ということは「負け越し」が確定してしまうのが「保有時間を決めたトレード」なのです。

 

同じタイミングでエントリーしたとしても、資金力によって損益の差が生まれます。

 

「利益確定は20pipsと決め、10pips逆に動いた場合には損切りをする」

 

自分でルールを決め必ず実行する。

そしてそのルールを自ら破らない。

 

予想が外れたとき、素直に「損切り」ができるかが重要です。

 

勝率は9割以上なのに損益はマイナスというトレーダーは多いそうです。

微益を重ね徐々に資金を増やして来たのに、一度の損失で全てを失う。

損切りができないと「勝率9割で負け越し」という状態に陥るのです。

 

重要なのは「勝率」ではありません。

 

たとえ勝率が5割以下でもトータルでプラスになっており、徐々に資金が増えていくことが重要です。

 

重要指標発表後は為替レートが大きく変動することが多々起こります。

 

重要指標発表により為替レートがどう動くか予想することは非常に難しいです。

重要指標発表前までに保有しているポジションを一旦決済し、ポジションのない状態で重要指標を迎えるのが賢明です。

 

重要指標時にトレードすることは「ギャンブル性」の高いトレードになってしまいます。

 

ギャンブル性が高くても上がるか下がるかなので確率は50%、2回に1回は当たるだろう。

そう考えトレードしてみたいと思うかもしれません。

 

しかし大きな為替変動時には為替レートが大きく波を打つ可能性もあります。

 

大きな波のために結果的には予想は当たったのに、下揺れのときにロスカットに引っかかり強制決済。

揺れ」によってポジションを保持しきれないという人は多いです。

 

FXは「買い」と「売り」の二択ですが、勝率は決して50%ではなく、必ず50%以下になるということを忘れずに。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!