逆の意味でFXの予想サイトや書籍を読んだほうがいい理由

Pocket

あなたはFXのトレードのために為替レートを予想するブログ記事の閲覧や書籍を購入して読んでいますか?

有名な為替予想サイトやFX専門の月刊誌など、今後の為替レートの方向性を予想していますよね。

その予想の根拠は「なるほど」と納得してしまう内容の記事ばかり。

きっとこの予想は当たる

記事を読んで予想に準じたトレードを試してみる。

でも勝てない。

 

トレードしたタイミングが悪かったのか?

予想とは違うイレギュラー的な要因が発生したのか?

 

予想サイトを見たり雑誌を読むだけでみんなが勝てるならば「FXで勝てるのは1割のトレーダーのみ」という事実にはならないはずです。

 

それでは予想サイトや雑誌を読むだけ無駄じゃん。

 

では、どうしてFXの世界では「勝てるトレーダーが1割」と言われているのでしょうか?

9割のトレーダーが負けているということは「多くのトレーダーは誘導されている」と思いませんか?

 

ネットの予想サイトで、FX関連の雑誌で。

それだけではありません。

あなたが利用している「売買のタイミング」はどこで知りましたか?

 

◯◯のテクニカルチャートと〇〇のテクニカルチャートを組み合わせて使用し、〇〇が〇〇になったところがエントリーのタイミング

そのタイミングに群がるトレーダーたちをヘッジファンドなどが用いるAIが罠を仕掛け刈り取ります。

 

一例として、エントリーのシグナルを確認したトレーダーたちが「買い」の注文を入れたとします。

多くの「買い」の注文が入れば為替レートは上昇するはずです。

しかし注文直後に為替レートは下降します。

資金にあまり余裕のないトレーダーは耐え切れなくなりロスカット。

「売り」の注文が入ることになるので為替レートはさらに下降。

「損切りレベル」に達したトレーダーたちも「損失で決済(損切り)」を行います。

これも「売り」なので為替レートはさらに下降。

 

AIは利益が十分に乗ったところで「決済」を行い利益を上げます。

あなたが勝つためにはAIと同じように多くのトレーダーとは逆のトレードを行うのがいいかと思います。

逆を行く、それは「9割の負け組トレーダー」とは真逆のトレードを行うということです。

 

つまり、予想サイトやFX関連の雑誌を読んでその通りにトレードするのではなく、多くのトレーダーたちが注文するタイミングで真逆の注文を入れるということです。

 

多くのトレーダーたちが注文しそうなタイミングを見つける方法は「もう一人の自分」の売買のタイミングを考えればわかるハズです。

自分がトレードするのならばこのタイミングで注文を入れる

その考え方は誘導されてる考え方なのかもしれません。

自分の意見と全く逆の注文を入れるというのは不安で怖いかもしれませんが、「FXは勝ってなんぼ」、勝てるようになれば不安や怖さは感じなくなるでしょう。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!