勝ちトレーダーと負けトレーダーの違い

Pocket

勝っているトレーダーと負けているトレーダーのトレードは何が違うのか?

トレードデータで比較した場合、違いはどこに出ると思いますか?

口座の評価残高がプラスになったアカウントは3~4割でした。

昔から「FXは10人に1人しか生き残れない世界」と言われますが今はそうでもないようです。

口座資産の評価額の推移を確認すると勝っているトレーダーの増加率は0~20%が最も多く、負けているトレーダーの検証率も0~20%が最も多いです。

大負け、大勝するトレーダーは少数であることがわかりました。

上位100位までのアカウントと下位100位までのアカウントのロスカット発生件数の平均を比べてみるとその差は約10倍も下位アカウントのほうがロスカットが多い結果になりました。

下位のアカウントの取り引き内容を確認すると損切り注文の替わりにロスカットを使用しているアカウントが多いことがわかりました。

その多くが高いレバレッジで取り引きを行っています。

うまく行けば大きな利益になり、うまく行かなかったらロスカットさせるつもりで注文を入れているようです。

ロスカットを損切りの替わりに使用している

これは言い換えれば「損切りができない」ということです。

FXでは「いかに損失を最小に抑えられるか」が重要です。

FXでは必ず負けます。

勝っているトレーダーは「負けを想定して」トレードを行っているのです。

上記と同じようなトレードスタイルで取り引きを行っている上位トレーダーもいます。

ハイレバレッジでのトレードはハイリスク、ハイリターンと言われますが、トレードが上手くいき短期間でハイリターンを手にすることも可能なようです。

上位アカウントと下位アカウントのロスカット発生件数が10倍も違うということは勝率にも大きな差があるのでしょうか?

上位アカウントの勝率の平均は約60%でした。

下位アカウントの勝率の平均は約40%でした。

やはり上位アカウントは勝ち越ししていて、下位アカウントは負け越ししていました。

しかし上位アカウントの中にも勝率50%以下は多数存在しています。

下位アカウントの中には勝率60%以上も多数存在します。

勝率が高いほうが有利ではありますが、勝ちトレーダーの条件に勝率はあまり関係ないのかもしれません。

性別、年齢に関係はあるのか

実は男性よりも女性のほうがFXの成績がいいという結果が出ています。

詳しく見ていくと資金の少ない男性ほど高いレバレッジでトレードしていることがわかりました。

少額取引+ハイレバレッジ男子」が負けているようです。

男性は高いレバレッジでトレードする傾向が強く、女性は低いレバレッジでトレードする傾向が強いようです。

年齢によって違いはあるのでしょうか。

年齢が上がるにつれ負けているトレーダーが増えているという結果になりました。

これは男女とも同じ結果で、「経験を積めば勝てるようになる」とはいかないようです。

若い人のほうが成績がいい理由として考えられるのが「自由な時間が多い」ことです。
サラリーマンの場合、帰宅後の限られた時間でトレードすることになりトレードにかけられる時間は少ないです。

自営業の方や専業主婦、学生は比較的自由に時間を使えることが利益につながっていると考えられます。

ハイレバレッジでのトレードが行えるのが最大レバレッジ888倍XMです。

ハイレバレッジで大負けしたら借金になるから怖い

勘違いしている人が多いですがXMではいくら大負けしてもゼロカットシステムにより借金にはなりません。

Pocket

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!