XMで500ロットでトレードしているという事実

Pocket

XMの取り引き最大ロット数は50ロットです。(1ロット=10万通貨)

日本のFX業者の場合は通常1ロット=1万通貨ですが、海外のFX業者の場合は通常1ロット=10万通貨です。

日本人に馴染みが深いのは1ロット=1万通貨なのでXM取り引き最大ロット数=500ロットと言ったほうがわかりやすいです。

500ロットで取り引きを行うということは1ドル=110円とした場合、約5.5億円という大金で取り引きを行っているということです。

たった1pipの値動きで5.5万円動きます。

2pipsの利益確定で10万円以上の利益を叩き出します。

例えば、10万円の資金を用意してFXでトレードを始める場合、注文は何ロットで入れますか?

1ロット(1万通貨)ですか?

最近は0.1ロット(1000通貨)でも注文できますので0.1ロットから始めたというトレーダーも多いかもしれません。
(さらに小さい100通貨=0.01ロットでも注文できるところもあります。)

XMのマイクロ口座ならばもっと小さい、10通貨=0.001ロットでも注文できます!

1ロット(1万通貨)で注文する場合、1ドル=110円時にはおよそ110万円という大金でトレードしていることになります。

パソコンやスマホからクリックやタップ一つで110万円もの金額を動かしているのです。

日本のFX業者では最大レバレッジが25倍までと決められているので、1ロットの場合の必要証拠金は25分の1のおよそ4.4万円です。

4.4万円の証拠金で110万円もの金額を動かすことができる「レバレッジ」はFXの大きな魅力の一つです。

「もしもレバレッジがなければFXでトレードしていなかった」というトレーダーは大勢いるでしょう。

1ロットの取り引きで10pipsのプラスで決済できたとします。

利益は1,100円です。

1回のトレードで利益が1,100円では満足できないという人は多いです。

1回のトレードで1万円以上の利益は出したいと思います。

1万円以上の利益を出すためには10ロットでトレードすればいいのです。

10ロット=1,100万円になります。

10ロットのトレードに必要な証拠金はおよそ44万円です。

FXのトレードを始めたばかりでいきなり44万円の証拠金でトレードするのは無謀です。

初めは少ない利益を積み重ね、ある程度の資金が貯まってからロット数を増やしていくべきです。

ロット数を段階的に増やしてトレードしてきたことで、いつの間にか10ロットでのトレードもあなたにとって「普通のトレード」になっています。

さらなる高みを目指し、注文ロット数を20ロット、30ロットと増やすことができればあなたの目標金額以上の利益を得ることもできるのです。

そんな都合よく稼げるわけがない。

その通り、「FXで勝てるのは10人中1人」と言われています。

しかしFXで負けた10人中の9人の中には興味本位で始めた人も含まれています。

「本気でFXを始めたけれど負けてしまった」という人が負けた9人の中にどのくらいの割合でいるのかまではわかりません。

学歴、老若男女問わず、誰でもFXで勝てる可能性があるのもFXの魅力の一つだと私は思っています。

XMでは500ロットでトレードするトレーダーがいる

海外FX業者人気No.1XMの最大トレードロット数は500ロット(1ロット=1万通貨とした場合)です。

500ロット=5,000,000通貨=約5.5億円という大金です。

たった10pipsの利益確定でおよそ55万円の利益になります。

そんな大きなロットでトレードする人なんていないだろう

そう思いますか?

実際に500ロットでトレードする人は存在します。

しかも日本人で。

それも海外FX業者のXMを利用して。

そんな凄腕トレーダーも初めは数ロットでのトレードでした。

雪だるま式に利益が増え、徐々にロット数を増やしていき最大注文数の500ロットに達しました。

日本のFX業者でトレードする場合、500ロットの必要証拠金は20,000,000円です。

さすがに2,000万円もの大金を用意するのは難しいです。

XMの場合、最大レバレッジは888倍です。

500ロットの取り引きに必要な証拠金は≒563,000円です。

2,000万円と比べれば56.3万円は現実的だと思いませんか?

そんなXMで実際に500ロットでトレードしているのです。

しかも500ロットでのトレードを1日に何回も行います。

仮に1回あたりの利確が10pipsならば1日数百万円もの利益を得ていることになります。

500ロットでトレードするトレーダーが実際に存在するのがXMです。

XMが選ばれる理由は他にもあり、豊富なボーナスはトレーダーに好評です。

入金ボーナスのおかげで500ロットで取り引きするために必要な証拠金の56.3万円45万円の入金で準備できます。

45万円のうちの5万円に対しては100%ボーナスが適用され5万円追加、残り40万円に対しては20%のボーナスが適用され8万円追加となり、ボーナスは合計で13万円入ります。

45万円+13万円=58万円がFXの口座に適用されるからです。

XMで勝てなければ、500ロットものロット数でトレードしません。

多くのトレーダーがXMでトレードを重ね、徐々に取り引きロット数を増やしてきました。

自分なりの「勝ちのパターン」が見つかれば、あとはロット数を増やすだけで利益が跳ね上がります。

勝率5割でプラスにすればいい。

FXのトレードで常に勝ち続けることは不可能です。

上がるか下がるかの世界。

勝率が低くてもトータルで資金が増えていければいいのです。

500ロットの取り引きに必要な証拠金は56.3万円です。

仮に利益確定を20pipsに決めた場合、110万円の利益です。

もしもトレードが失敗した場合、XMのロスカットレベルは20%のため、残金は約11万円になり約45万円のマイナスです。

勝率を5割にすることができれば資金は増えるのです。

そのかわり利益が出た分はその都度出金し、次のトレードで負けてロスカットによる大損失にならないように資金管理を徹底しましょう。

XMに限ったことではないですが、FXのトレードで大事なのはメンタル資金管理だということです。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!