日本のFXは時代遅れ

Pocket

日本人だから日本のFX業者で口座を開設しトレードを行う。

海外のFX業者を選ぶという考えは持っていなかった。

日本のFX業者以外はみんな危険な業者と考えていた。

 

初めてFXでトレードする人は日本のFX業者の中から選んでFX口座を開設する人がほとんどです。

日本のFX業者が提供する専用のトレードツールを使いトレードを行うことに何の疑問も感じずに。

 

最大レバレッジが25倍だと、コンスタントに勝てているのにも関わらず、いつまで経っても資金は増えません。

レバレッジを最大25倍までに規制されているのは日本のFX業者だけです。

海外のFX業者にはレバレッジ規制はありません。

 

レバレッジを高くできれば、もっと利益が出せるのに

 

海外のFX業者に興味を持つきっかけは「ハイレバレッジ」である場合が多いです。

ハイレバレッジはFXの最大の魅力の一つです。

しかし日本では「ハイレバレッジ=悪」という風潮です。

この風潮は誰が広めたのでしょうか?

日本のFX業者以外はハイレバレッジでトレードしているのに日本だけレバレッジ規制があるというのはおかしいと思いませんか?

 

レバレッジ規制は日本のFX業者のみ

海外のFX業者にレバレッジ規制はありません。

 

海外FX業者人気No.1のXMの最大レバレッジは888倍です。

 

レバレッジが高いことは「ハイリスク・ハイリターン」と言われています。

しかし、レバレッジの高さがハイリスクなのではなく、資金管理の甘さがハイリスクの原因です。

レバレッジが高いということは少ない資金でもロットを増やしてトレードできるということです。

ロット数に比例して利益は増えます。

 

多くのトレーダーがレバレッジ25倍では物足りないと感じています。

 

ゼロカットで追証なし

2年に一度くらいのペースで「◯◯ショック」と呼ばれる為替の大変動が起こっています。

このような「◯◯ショック」時は相場が混乱しシステムがダウンすることが度々起こります。

ロスカットが機能せず大きな損失を出してしまう人が実際に大勢出ます。

 

ロスカットが機能しないということは口座残高は0を割り込み、資金がマイナスになってしまう場合があるということです。

 

日本のFX業者の場合、「追証」が発生しマイナスになった分をすぐに入金するよう促されます。

いきなり多額の借金を負うことになります。

FXのトレードで借金を負うことになるとは思っていなかったトレーダーの中には不足分の入金を拒む人もいました。

日本のFX業者は大損です。

レバレッジが規制されていなかった場合、損失額がさらに増えます。

日本のFX業者のレバレッジ規制は日本のFX業者を守るためのものなのです。

 

海外のFX業者の場合は「ゼロカット」を採用しています。

口座の残高がマイナスになってしまった場合、あとで0に戻してくれます。

FXトレーダーの損失はFX業者にも責任の一端があるという考えに基づいたシステムです。

 

たとえそれが数百万円のマイナスでも。

 

過去に起こった「スイスフランショック」の時には多くのトレーダーが多額のマイナスに陥りました。

それでも「ゼロカット」は問題なく行われました。

海外のFX業者でトレードしていれば「借金を負う」ことはないのです。

 

XMはゼロカット標準搭載です。

 

口座保有数が無制限なので使い分けができる

海外のFX業者では一つのFX業者で複数の口座を保有できます。

口座を分けてトレードの使い分けが出来ます。

 

海外のFX業者の場合、MT4(メタトレーダー4)が利用できます。

MT4ではEA(自動売買プログラム)が利用できます。

複数の自動売買プログラムを別々の口座で動かすなど、複数口座の利用価値は高いです。

日本のFX業者でMT4が使える会社はとても少ないです。

自分の会社で開発したトレードツールでのみトレードさせる日本のFX業者。

透明性の高いMT4を利用させないことに不信感が募ります。

 

スキャルピングを禁止している日本のFX業者

日本のFX業者の多くはスキャルピングを禁止しています。

スキャルピングは1回のトレードにかかる時間が極端に短いトレード法です。

数秒~長くて数分です。

これを1日に何度も繰り返し薄利を積み重ねます。

この行為がサーバーに負担をかけるというのが表向きの禁止理由です。

 

XMはスキャルピングが可能です。

 

スリッページをいう言葉を知っていますか?

日本のFX業者でのトレードはスリッページが多く発生します。

スリッページとは決済をしたときのレートと実際に約定したレートの差(ズレ)のことを言います。

この「ズレ」によりあなたの利益は削られ、損失は上乗せさせられます。

スプレッドが極狭でもスリッページが大きいために実際はスプレッドが広いことと同じになるのです。

 

それに比べ海外FXではMT4でのトレードが一般的です。

第三者のシステム開発会社が無料で提供する透明性の高いトレードツールです。

 

海外FX業者は仲介役に徹しています。

そのためスプレッド(仲介手数料)は日本のFX業者と比べ広めに感じるのです。

 

日本語のサポートが充実

海外FXは英語がわからなければ利用できない。

それは昔のこと。

今は多くのFX業者が日本語に対応しています。

 

しかし中には日本語に対応はしていますが質問などは英語のみという会社もあります。

 

XMは完全日本語対応です。

 

日本人スタッフが多数在籍しています。

質問などは日本語で行うことができ対応も早いです。

不自然な日本語もなく海外のFX業者であることを忘れてしまうくらいです。

レバレッジ888倍、ゼロカット、MT4にEA、スキャルピングまですべて可能なXM。

海外のFX業者でトレードするのに抵抗のある人は日本のFX業者の中から選んでください。

海外のFX業者でのトレードに抵抗のない人が口座を開設し多くの利益を得ています。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!