兼業トレーダーにこそ向いているトレード手法が、

Pocket

兼業トレーダーでEA(MT4を使用した自動売買プログラム)などの自動売買でトレードを行う人は多いと聞きます。

なぜ自動売買を選んだのか理由を尋ねると「FXの取り引きに感情を持ち込まないため」だと言います。

裁量トレードの場合、「もっと多く稼ぎたい」とか「含み益のうちに決済したい」などと考え、自分で決めていた決済ルールを破ってしまう可能性があります。

FXのトレードにルールなど決めていない?

FXでトレードするのならば必ずトレードのルールを決めルールに従ってトレードしてください。

 

感情は自分で決めたトレードのルールを破ろうとします。

直前のトレードで損失が出てしまい、損失を取り戻そうとし自分で決めたエントリーポイントまで待てず、自分で決めたルールとは違うタイミングで注文を入れてしまう。

含み損が大きくなるが「もう少し待てば為替レートが反転する」と考え、損切りせずに待ち続けた結果、ロスカットされてしまう。

裁量トレードを行ったことがあるトレーダーならば一度は経験したことがあると思います。

 

FXのトレードを初めから自動売買で行っているトレーダーさんはいますか?

自動売買でしかトレード経験がないという人、FXのトレードで儲けていますか?

 

FXのトレードで勝つためには、まずは自分の「勝ちのパターン」を見つける必要があります。

「必ず勝つパターン」である必要はありません。

トレードの回数を重ね、勝率は悪くてもトータルで資金がプラスになるトレードのパターンであれば問題ありません。

自分なりの「勝ちのパターン」を確立できて初めて「自動売買」を始められると思うのです。

自分なりの「勝ちのパターン」を自動化させ、自分がチャートに張り付いていなくてもプログラムが勝手にトレードを行う。

確認するのはときどき自動売買プログラムが正常に動いているかのみ。

 

でも自動売買プログラムは仕事中や睡眠中でもトレード状況が気になってしまうものです。

特に大きなニュースが入ったときなどは為替レートの急激な変動が起きてやしないか心配になり、自動売買プログラムの状況が心配になり。

 

本当に自信のある自動売買プログラムであれば気にならないのかもしれませんが、大抵の場合はレンジ相場に強ければトレンド相場には弱いプログラムだったりしますから心配は付きものです。

 

兼業トレーダーが本業に集中できて、睡眠時間を削ることなくトレードするのであれば「スキャルピング」でのトレードが最適解だと私は思います。

 

スキャルピングは超短期トレードです。

短い場合、ポジションの保有時間が「数秒」ということもあります。

少ない利益を1日に何度も繰り返し利益を重ねていきます。

ポジションを持っている時間が短いため、為替レートが逆に動いたときはエントリーのタイミングが違ったとすぐにわかるので即時に損切りすることができます。

 

スキャルピングは値動きが大きい時間帯を狙ってトレードすることが多いです。

ロンドンフィキシング前後(日本時間の25時前後)は1日のうちで一番値動きが大きくなりやすい時間帯なのでこの時間を狙ってトレードする人も多いです。

比較的短い時間でトレードを行えるので睡眠時間が削られる心配も少ないと思われます。

 

ポジションを持ち越すことがないのでポジション保有中のストレスからも解放されます。

 

上記のことから兼業トレーダーにはスキャルピングが向いていると考えます。

 

スキャルピングでのトレードは1回あたりの利益が少ない。

いいえ、少ないのは「1回あたり数pips」であって金額ではありません。

金額はロット数に比例するので注文ロット数を大きくすれば数pipsの利益でも金額は大きくできます。

ロット数を大きくするのにはレバレッジが有効です。

レバレッジを利かせることで数pipsの利益でも大きな金額になります。

日本人トレーダー数No.1の海外FX業者XMTrading最大レバレッジは888倍です。

日本のFX業者の最大レバレッジ25倍と比較するとその差は35.52倍です。

同じ証拠金、同じpipsの利益でも、金額は日本のFX業者の35.52倍になります。

500円の利益だったらXMTradingでは17,760円の利益になります。

 

これがレバレッジ888倍の凄いところです。

スキャルピングとレバレッジ888倍の相性がいいため、XMTradingを利用するトレーダーが多いです。

Pocket

error: Content is protected !!