FXで何故ゴールデンクロスやデッドクロスに「だまし」があるのか

Pocket

FXを始めて、FXの勉強をすると必ず耳にする「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」。

この2つは有名な売買タイミングのサインとして知られています。

有名であるということはそれなりに有効なサインだということです。

FXでは自分の勘だけでトレードしても勝てません。

テクニカルチャートを複数用いて「自分なりの勝ちパターン」を見つけることで勝率を上げていきましょう。

まずはゴールデンクロスとデッドクロスのおさらいから。

ゴールデンクロス

ゴールデンクロス

短期移動平均線(赤紫色)長期移動平均線(緑色)を下から上に突き抜けたときが「買いのサイン」と言われています。

チャートを見ると上昇トレンドが発生した後にゴールデンクロスが起こっています。

ここで「買い」の注文を入れれば利益を得ることができると考えられます。

デッドクロス

デッドクロス

ゴールデンクロスとは逆で、短期移動平均線(赤紫色)長期移動平均線(緑色)を上から下に突き抜けたときが「売りのサイン」と言われています。

短期移動平均線を25、長期移動平均線を75で表示していますが、数値を変えることで感度が変わります。

自分でいろいろ試してみて有効な数値を見つけることも大事な作業の一つです。

2本の移動平均線を見るだけなので、わかりやすいシグナルです。

しかしこのゴールデンクロス、デッドクロスには「だまし」があります。

だまし

ゴールデンクロスやデッドクロスが発生したのに相場は予想とは逆に動く現象のことをいいます。

ゴールデンクロスを信じてトレードしたのに、エントリーしたとたんに相場が下がった。

だまされた」と思うことでしょう。

なぜこのような現象が起きるのでしょうか。

ゴールデンクロスやデッドクロスは比較的信頼性の高いシグナルです。

このため多くのトレーダーが注文を行います。

ゴールデンクロスが発生する前、デッドクロスが発生したときに「売り」でエントリーしたトレーダーたちがいます。

このトレーダーたちは次のゴールデンクロス発生時に「決済」することが多々あります。

決済されることでこの通貨の価値は下がります。

ゴールデンクロス時の「注文」と「決済」と比較して「決済」の取引量のほうが多かった場合、「だまし」の現象が起こります。

ゴールデンクロスが発生したからといってすぐにエントリーするのではなく値動きを注意深く見ることが重要です。

どうすれば「だまし」を回避できるのでしょうか。

だまし」を完全に回避することはできませんが、減らすことは可能です。

クロス」だけを見ていてはいけません。

ゴールデンクロスの場合は長期移動平均線が上昇中のときに発生したら「買い」と判断しましょう。

デッドクロスの場合は逆に、長期移動平均線が下降中のときに発生したら「売り」と判断しましょう。

シグナルは減りますが「だまし」は大幅に軽減されることでしょう。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!