FXで知りたいのはいつトレンドが始まりいつトレンドが終わるのか

Pocket

FXのトレードで知りたいのはトレンドがいつ発生し、いつ終わるのかです。

トレンドに乗り遅れれば利益は少なくなります。

もっと乗り遅れればエントリーした直後にトレンドが終わり利益どころか損失になるかもしれません。

まずはトレンドの発生源は何かを知ることです。

トレンドの発生パターンはいくつかあります。

  • 指標発表からのトレンド発生
  • 枯渇したレンジからのトレンド発生
  • サプライズからのトレンド発生
  • 自然的なトレンド発生

一番わかりやすいのが指標発表からのトレンドの発生です。

多くのトレーダーが重要指標に注目しています。

指標で重要なのは結果の良し悪しというよりも予想と結果がどのくらい違うかです。

為替相場は指標発表前までに指標の予想値により調整されます。

指標が予想通りの結果ならば為替相場は動かないでしょう。

予想された数値と結果の数値に開きがあればあるほど為替相場は反応し大きな動きとなります。

大きな動きがきっかけでトレンドが発生することが多々あります。

しかしこのトレンドの発生を予測するのはとても難しいです。

指標が発表されてからのエントリーになるのですが、為替レートが大きく上下に揺さぶられることも多々あるため、直後にエントリーした場合、大きな上下の振れでロスカットレベルに触れてしまう可能性もあります。

結果的にトレンドが発生しても初動の大きな振れに殺られてトレンドに乗れくなるのです。

上昇トレンド発生中

よく「指標発表時のトレードは控えるべき」といいます。

このタイミングでのトレードはギャンブルのようなものだからです。

トレンドを見極めてからトレードを行うのであれば、ギャンブル的な意味合いの強いトレードは避けるべきです。

枯渇したレンジからのトレンド発生はいつブレイクするかを予測するのは難しいです。

動きが鈍くなってきたチャートとにらめっこしながら動きがあるまでじっと待つ、そんな戦法になります。

動きが現れ「トレンド発生か?」と思いエントリーしたら少し大きなレンジが発生しただけだったということがよく起こります。

動きが少なくなると、ちょっとした動きが大きな動きと勘違いしやすくなります。

サプライズからのトレンド発生は予測することはまず不可能です。

不意打ちは為替相場に混乱を招きます。

動きは活発になりますが上がるか下がるかの予想が難しくなります。

自然的なトレンド発生は実際はプロが流れを作っているようです。

最近ではAIにより操作されています。

動きがなければ利益を得ることもできないので動きを作り出すのです。

そのためには莫大な資金がなければ実行はできません。

ヘッジファンドなどが使用するAIが流れを作り個人投資家たちに罠を仕掛けます。

FXは比較的トレンドが発生しやすい

FXの特徴として株と比べトレンドが発生しやすい傾向にあります。

FXは比較的、経済ニュースなどに忠実な動きを見せることが多いからです。

ただ、このトレンドが短期的なものなのか長期的なものなのかを見極めるのは難しいです。

トレンドの見極めは重要ですがエントリーポイントのほうが重要です。

明らかにトレンドの方向がわかっても、エントリーポイントが遅ければ儲けは少ないですし、トレンドが終わり逆方法に動き出してしまうかもしれません。

トレンドが発生しやすい時間帯

FXは土日を除いた24時間いつでも取り引きができます。

しかし為替相場は常に大きく動いているわけではありません。

相場が大きく動く時間帯があります。

それは欧州時間からNY時間にかけてです。

トレーダーの多くはこの時間帯に取り引きを行っています。

欧州市場は16時から始まります。

それから2時間くらいまではトレンドが発生しやすい時間帯です。

NY市場は21時から始まります。

それから3時間くらいはトレンドが発生しやすい時間帯です。

アメリカの重要指標の発表は夏時間の場合で21時30分、冬時間の場合は22時30分が多いです。

重要指標発表後は大きく相場が動くことが多いです。

デイトレーダーが取り引きをする時間帯というものがあります。

トレードは1日3回。

日本市場と欧州市場、NY市場の開始時間を狙うとのこと。

FXを始めたばかりの人はいつでもポジションを持ちたがりますが安定して稼ぐためには得意な時間帯で取り引きするべきです。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!