勝ってるトレーダーがFX業者をXMに乗り換えるという

Pocket

FXでトレードしていて、現在利用しているFX業者で勝てているのならば「FX業者の乗り換え」を考えたりはしないものだと思っていました。

しかし実際は、勝ててはいるけれど現在のFX業者に何らかの不満を持っていることも多いらしい。

自分とFX業者には「相性」があって、「何故かこのFX業者でトレードすると調子がいい」などという話しを聞いたりします。

FXで利益を上げることができているのに、XMに乗り換えるということはそれなりの理由があるはずです。

日本のFX業者からの乗り換え

一番多いのが日本のFX業者から海外FX業者であるXMに乗り換えるというパターンです。

日本のFX業者の場合、レバレッジ規制により最大レバレッジは25倍です。

「もっと大きくレバレッジを効かせてトレードがしたい」

現在のFX業者で利益を出せているのですから、注文するロット数を増やせば利益を倍増することが可能だと考えるのでしょう。

ロット数を増やすためには追加の資金を投入する必要があります。

しかしFXに使える金額は生活費を侵さない「余剰金」でなければいけません。

資金不足はレバレッジの調整で解決できます。

日本のFX業者の場合「最大レバレッジ25倍まで」なので25倍以上のレバレッジを効かせられません。

海外FX業者のXMならば最大レバレッジを888倍まで設定できます。

使える資金を増やすことなく注文ロット数を増やすことが可能になるのです。

もしも」のときに威力を発揮する「ゼロカット」があることも理由の一つです。

◯◯ショック」と呼ばれる為替の大変動は、2年に一度のペースで起こっています。

◯◯ショック」時には相場が混乱しシステムがダウン、ロスカットが機能しなくなることが起こりうるのです。

システムが復旧したときには時既に遅し。

証拠金の欄には見たことのないようなマイナスの金額が表示され・・・・。

ゼロカットがない場合、「追証」が発生し早急に不足分を入金しなければなりません。

でも「ゼロカット」ならば大丈夫。

マイナスした分は0(ゼロ)に戻ります。

借金を追うことのない安心のシステムなのです。

トレードする環境が整っている

世界で一番シェアを獲得しているトレードプラットフォームはMT4(メタトレーダー4)です。

完成されたシステムで高機能かつ使いやすい、さらにはツールの透明性が高いことが人気の理由です。

しかし日本のFX業者では利用できるところが非常に少ないためFX業者を選べません。

また、MT4を利用するにあたり条件や規制が多いので使いにくいのが現状です。

XMならばMT4が無料で利用でき、条件や規制もありません。

XMではMT4を使用してトレードできるのはFXだけではありません。

CFDや原油、金、株式指数なども利用できます。

口座を分けなくても同じMT4のプラットフォームからトレードできます。

FXで勝つためには関連性のあるNYダウ先物、日経平均先物なども平行してチェックしなくてはなりません。

MT4ならば同時に表示させることもできます。

そのままトレードも行えます。

口座タイプは4種類、初心者向けから上級者向けまで揃っています。

4種類とは、スタンダード、マイクロ、エグゼクティブ、ゼロ(ECN)です。

 
スタンダード口座

初心者から経験豊富なプロレベルのトレーダーまで幅広く対応した人気の口座です。

取り引きできるロット数は0.01ロット(1,000通貨)から最大で50ロット(500,000通貨)と柔軟に対応できます。

ハイスピードなSTP方式による取り引きで、約定拒否やスリッページはありません。

 
マイクロ口座

初心者や試しにFXを始めてみたいという人に向いている口座です。

最低入金額は5ドルからと低額です。

何と、10通貨単位という極小単位でのトレードが行えます。

例えば、1ドル=110円時の場合、10通貨単位というと1,100円でトレードできるということです。

これにレバレッジを最大で888倍までかけられるので必要証拠金は1~2円で済みます。

 
エグゼクティブ口座

日本語のページでは出てこない口座ですが、存在します。

最低入金額が10万ドル以上という機関投資家やファンドマネージャー向けの特別な口座です。

最大レバレッジは100倍までとなりますがスプレッドにおいての優遇特典が他の追従を許しません。

XMのスペシャリストからの特別なサポートを受けられます。

 
ゼロ口座

スプレッドが限りなくゼロに近いのがゼロ口座です。

トレーダーのニーズに応える形で登場しました。

気を付けなくてはならないのが10万通貨につき片道5ドル、往復で10ドルの手数料が発生することです。

レバレッジは最大で500倍まで。

最低入金額は200ドルから。

入金ボーナスや口座開設特典などが付かないことが残念です。

ロイヤルティプログラムでポイントが貯まる

トレードを行うたびにXMPと呼ばれるポイントが貯まります。

貯まったポイントはボーナスとしてFXのトレードに使用できます。

XMPを換金することもできます。

ロイヤルティプログラムにはステータスがあり、アップグレードするたびに1ロットあたりの取り引きでもらえるポイント数が増えます。

初めは「エグゼクティブ」。

1ロットあたり10XMPが貯まります。

30日以上の取り引きで「ゴールド」にアップグレードします。

1ロットあたり13XMPが貯まります。

60日以上の取り引きで「ダイヤモンド」にアップグレードします。

1ロットあたり16XMPが貯まります。

100日以上の取り引きで最上位の「エリート」にアップグレードします。

1ロットあたり20XMPが貯まります。

ボーナスに換金する場合、3XMP=1ドルとして口座に反映されます。

エグゼクティブでも1ロットの取り引きで約3ドル分のポイントが貯まります。

XMでトレードを続けていれば誰でも「エリート」にアップグレードします。

エリートならば1ロットの取り引きで約7ドル分のポイントが貯まるのでとても有利です。

現金にする場合は40XMPで1ドルになります。

トレードに使用したほうが断然お得です。

EA(自動売買プログラム)ならXMがお得

海外のFX業者の多くがMT4でトレードができます。

MT4ではEA(自動売買プログラム)を行うことができます。

EAを実行するためにはプログラムを24時間稼働させるためのパソコンとネット回線が必要です。

またはVPS(仮想サーバー)を借りてサーバー上でプログラムを実行させます。

通常、VPSは有料サービスです。

XMでは条件を満たせばVPSが無料で利用できます。

条件とは、

有効証拠金が5,000米ドル以上、または別の通貨で同等額以上。

1ヶ月に最低5ロット(50万通貨)以上の取り引き。

中級トレーダー以上ならばクリア可能な条件だと思います。

いきなりすべてのトレードをXMに移行しなくてもいいです。

まずは口座開設を行い、口座開設ボーナス3,000円をもらって下さい。

ボーナスの3,000円で試しにトレードを行ってみてください。

完全移行はあとからゆっくり行えばいいんです。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!