赤ペン先生の給料(収入)は?割に合う仕事なのか?

Pocket

人気No.1記事!

ゼロカット+レバレッジ888倍の最強組み合わせで稼ぐFXのXM

赤ペン先生になるための資格

赤ペン先生になるためには条件をクリアしていなければなりません。

大学卒業程度の学歴が必要になります。

高卒では赤ペン先生にはなれないようです。

年1回~数回、最寄りの会場で実施の会場研修に参加できること。

「定期的に研修を行う」ということは「子どもを持つ親」の場合は家族の協力が必要になるということです。

自宅に条件を満たすWindowsパソコンを持っていること。

最近はパソコンを所有しない家庭も多いのだとか。

タブレットがあればパソコンは要らないですしね。

赤ペン先生には小学校の添削、中学校の添削、高校の添削の3種類あります。

当然、高校生の赤ペン先生になるための条件のほうが厳しいです。

最終学歴が4年制大学卒業以上であること。

1日の仕事時間は3~4時間にもなります。

この作業を1年間続けられることも条件に入っています。

条件も厳しければ作業時間も長い。

添削作業はスピードが命、添削を待っている子供たちになるべく早く結果を渡さなければなりません。

赤ペン先生の収入は「答案用紙1枚あたりいくら」と決められています。

単価は公表されていません。

学年によっても変わります。

実際に赤ペン先生として働いていた人の話しでは時給に換算すると数百円程度にしかならないとのこと。

「割のいい仕事」とは言えません。

自宅で作業できるのはいいのだけれど、「バイト」として考えるとあまりオススメできません。

なぜ赤ペン先生を辞めてしまったのか

赤ペン先生を辞めた人の「理由」で多いのは、「収入の低さ」なのだそうです。

傍から見ると赤ペン先生の仕事は「簡単そう」だと感じ、「自分にも続けられそう」と思ったそうです。

しかし実際に添削作業を行ってみると、想像以上に大変だったそうです。

自宅で作業ができることが何と言っても最大の魅力です。

子どもが小さくて外へ働きに出ることが難しい方の場合、やれる仕事が限られます。

家に居ながら=自分の子どもの面倒を見ながら、作業ができます。

子どもがお昼寝している間に添削作業を進めることもできます。

しかし赤ペン先生の添削指導はなるべく早く返さなくてはなりません。

子どもたちが待っているからです。

「空いた時間に添削作業」ができるほど時間的な余裕はありません。

さらに、「時間がないから」と急いで作業してミスすることは許されません。

子どもの世話と赤ペン先生の仕事の両立はとても難しいようです。

自分の想像以上に大変であったために辞めてしまった人も多いです。

赤ペン先生のバイト

一言で赤ペン先生と言っても、小学生から高校生までと幅広いので添削作業の難易度にはかなりの差があります。

当然、難易度の高い高校生の添削作業のほうが単価は高いです。

高校生の答案の添削作業でも高校1年生のものと高校3年生のものとでは難易度がかなり違います。

単価は安いもので500円くらいです。

単価が高いものになると1000円以上になります。

単価が高いものは添削作業にかなり時間がかかります。

忙しい時期には答案が増えるため自分が希望した添削作業の枚数よりもさらに上乗せ依頼されたりします。

忙しくなっても納期は絶対厳守なので予定外の用事が入ったりして添削作業に時間が取れなくなると徹夜して添削作業を行うこともあります。

ネットで便利になりました

赤ペン先生の添削作業はパソコン作業が増えてきました。

子どもたちの答案用紙はスマホやタブレットのカメラで撮影して送る時代になりました。

赤ペン提出カメラ」というスマホアプリを使用して答案用紙をカメラで撮影し送信します。

添削作業が終わったらスマホに返信します。

郵送等の時間が省かれるのでスピーディーな返信が可能となります。

赤ペン先生側はパソコンの画面上で作業が進むので添削作業がやりやすいです。

タブレットを使用して手書きの添削ができ、その様子は動画で再生できます。

漢字の書き順や計算の導き方などを動画で説明できるため、赤ペン先生側も漢字の書き順などに気を付けなければなりません。

動画で表現できるので子どもにはよりわかりやすくなりますが、赤ペン先生側はこれまで以上に添削作業が大変になります。

LTC(ライフタイムコミッション)という収入

「収入」というものにはいろいろな形態があります。

「働いたら働いた分だけもらえる」

そういう時代はすでに終了しています。

そして会社の給料は「いくら頑張っても給料は上がらない」という厳しい現実があります。

多くの人は満足のいく給料をもらえていません。

仕事以外の収入源」が必要な時代です。

ここ最近の検索数ランキングの上位に「副業」が上がってきています。

ここ数年で多くの会社が「副業」を認める方針に切り替えています。

みんなが副業を求めています。それも割のいい副業を。

「赤ペン先生」の場合は大変な割に安い収入しか得られません。

「答案用紙1枚◯◯◯円」という「出来高制」のため、作業にかかった時間に関係なく、10分で終わろうが1時間かかろうがもらえるお金は一緒です。

しかも間違えることは許されず、ノルマまであります。

他にやりやすい「副業」はないのでしょうか。

ネット副業を探していると「LTC」という言葉を見かけます。

「LTC」とはライフタイムコミッションの頭文字を並べたものです。

ライフタイムコミッションとはどのようなものでしょうか。

例えば、月額料金の発生するサービスなどをブログなどで紹介し、あなたを介して登録したユーザー(顧客)が付いたとします。

月額料金の◯◯%はあなたに「紹介料」として支払われます。

顧客が退会しない限り、毎月「紹介料」があなたに支払われ続けます。

このような仕組みを「ライフタイムコミッション」と呼びます。

顧客をたくさん紹介すれば紹介した分、紹介料が増えます。

一度紹介してしまえば後はあなたは何もしなくても毎月収入を得られます。

これは働かずに収入が得られる「不労所得」です。

そんな「LTC」の中でも高い収入を期待できるのが海外FX業者であるXMの顧客を紹介する「トレーダーキャンペーン」です。

あなたに紐付けされた顧客がトレードを行うたびに利益が発生します。

1日に何度もトレードを行う人もいるため1日に何度も利益が発生します。

そして得られる利益に上限はありません。

月収にして100万円を超えることも夢ではありませんし、実際に100万円を超える収入を得ている人もいます。

行動を起こさなければ「不労所得」は得られません。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!