安全大会でのあいさつを考える際に重要にしたいスローガン

Pocket

人気No.1記事!

ゼロカット+レバレッジ888倍の最強組み合わせで稼ぐFXのXM

安全大会とは

建設業界では定番の「安全大会

ほかの業種で働く人には聞き慣れない言葉です。

毎年、7月1日~7日までの期間が全国安全週間となっています。

この全国安全週間の前に各企業で安全大会という催しを行います。

ホテルやホールを借りて協力会社を集めます。

安全大会のあいさつ、過去一年間の安全実績の報告、有料協力業者の表彰、講演会などを行います。

全国安全週間は中央労働災害防止協会で行っているキャンペーンです。

昭和3年から続いていて歴史があります。

安全大会では大会スローガンを発表します

全国安全週間としてのスローガンを毎年発表しますが、各企業でもスローガンを作り掲げています。

同じスローガンにならないように過去のスローガンを確認しておきましょう。

最近10年間のスローガンは以下のとおりです。

第82回(平成21年度) 「定着させよう「安全文化」 つみ取ろう職場の危険」

第83回(平成22年度) 「みんなで進めようリスクアセスメント めざそう職場の安全・安心」

第84回(平成23年度) 「安全は 家族の願い 企業の礎 創ろう元気な日本!」

第85回(平成24年度) 「ルールを守る安全職場 みんなで目指すゼロ災害」

第86回(平成25年度) 「高めよう 一人ひとりの安全意識 みんなの力でゼロ災害」

第87回(平成26年度) 「みんなでつなぎ 高まる意識 達成しようゼロ災害」

第88回(平成27年度) 「危険見つけてみんなで改善 意識高めて安全職場」

第89回(平成28年度)「見えますか? あなたのまわりの 見えない危険 みんなで見つける 安全管理」

第90回(平成29年度)「組織で進める安全管理 みんなで取り組む安全活動 未来へつなげよう安全文化」

第91回(平成30年度)「新たな視点でみつめる職場 創意と工夫で安全管理 惜しまぬ努力で築くゼロ災」

過去のスローガンを振り返ることはいいことです。

安全に対する気持ちを一層引き締める意味で。

考えるのが大変な安全大会でのあいさつ

建設業界では安全大会のあいさつは企業の基本理念にも繋がるものになるため重要なものになります。

職場に於ける人命尊重を優先する考え方を労働福祉と言います。

労働福祉に基づいた言葉を使用するとよいでしょう。

本日はお忙しい中お集まりいただき誠にありがとうございます。

これより○○株式会社の安全大会を開催することをここに宣言させていただきます。

工事期間中は常に安全第一を考え作業を遂行しましょう。

一人ひとりが常に安全を確保するように努め現場全体が安全な環境となることを心がけましょう。

今年のスローガンに因んだ話しをしましょう。

自分がいいなと思った言葉を用いてみましょう。

人という生き物は「知らないことを知りたがる」という習性があるのだそうです。

皆さんはすでに何が危険で何が安全かを知っていると思います。

知っている情報を聞かされても興味は湧かないでしょう。

しかしただ知っているだけではいけません。

知っていることを実行することが大切です。

7月1日は国民安全の日です。

7月1日からの1週間を安全週間としています。

なぜ7月なのでしょうか?

7月は12月に次いで事故の多い月です。

12月は年末で忙しいこともあり、7月はこれから暑くなるので体調を壊す人も多くなり事故が発生しやすくなります。

まあ実際には7月である必要はないみたいです。

仮想通貨に流れたトレーダーがFXに戻ってきています。

今度は海外のFX業者XMの最大レバレッジ888倍でトレードしよう。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!