iPhone13に機種変更するので充電器をmagsafeにしようとしたが止めた理由

スポンサーリンク

iPhone12から対応になった非接触充電のmagsafe

マグネットで最適な位置に合うため最大の充電効率で充電が行えるというもの。

これまでlightningケーブルを挿して充電していたが充電パッドにスマホを置くだけで充電できるなんて楽でいいなあと思い、せっかくiPhone13に機種変更するのだからmagsafeにしようと考えました。

非接触充電

iPhone13の機種変更に伴い購入するものはスマホカバー、画面保護ガラス。

この2つは外せません。

いつも購入しているスマホカバーのiPhone13対応型を購入しようとしてふと気になりました。

「何も説明が載ってないけれど、購入しようとしているスマホカバーってmagsafeに対応してるのか?」

書いてないと不安になります。

しかし隅々まで説明文を読んだけれど何も書かれていません。

そこで購入しようとしているmagsafe対応の充電パッドの説明文を確認してみました。

そこには厚み6mm以下のカバーならば充電可能と書かれていました。

「magsafe側が充電可能ならば問題ないか」

しかしそれならばなぜmagsafe対応のスマホカバーがあるのか?

まだいろいろと確認することがありそうだ。

他の製品などいろいろ調べてみることにした。

調べた結果、一番の問題はマグネットの強さに関することだった。

magsafe対応のスマホカバーでも磁力が弱く適切な位置で充電できないものがあるというもの。

magsafe対応のスマホカバーでも磁力問題が起こるのならば非対応のスマホカバーの場合はどうなる?

さらに調べてみると非対応のスマホカバーを装着してmagsafe充電器で充電することは可能ではあるけれど充電速度がとても遅くなるとのこと。

マグネットも非常に弱くなるため位置もうまく合わないらしい。

それならばmagsafe対応のスマホカバーを購入しよう。価格は高いけれど。

 

そこで考え直した。

私は本当にmagsafeで充電したいのか?

私の職場は製造関係だ。

仕事内容は直接製造に関わっていないが(設計関係)工場へは打ち合わせ等で結構行く。

工場ではステンレスや鉄を加工するので目には見えないが鉄粉が多く飛散している。

magsafe対応のスマホカバーは磁力が強力らしい。

つまり気がつけばスマホカバーに鉄粉が付着している可能性があるということ。

スマホのカバーに鉄粉が付くのは嫌だなあ。

頻繁に鉄粉を取るためにウェットティッシュで拭き取ることになるのだろうか?

手間が増えるのはそ面倒だ。

これまで長いことlightningケーブルを挿して充電してきたじゃないか。

これからも同じことを繰り返すだけ、なにも「置くだけ充電」に拘る必要があるのか?

magsafeではない非接触充電器だと位置がずれたことに気が付かずに充電できていなかったってこともよくある話しらしい。

結局は充電速度も早いlightningケーブルを挿して充電する今のままのやり方でいいという結論に至った。

 

・・・・その結論に至ったはずなのにmagsafeを購入し、スマホカバーもmagsafe対応のカバーを買ってしまった私。

一度試してみたかったんです。

本当に鉄粉がスマホカバーに付くのかも知りたかったんです。

実際のところ、magsafeいい感じです。

置くだけで充電できるって楽です。

magsafe対応のカバーに鉄粉付いたことありません。

気にし過ぎたみたいです。

 

[PR] 空き時間でスマホ副業の決定版

 

コメント