FXのチャートパターンとプライスアクション

Pocket

FXで勝ち続けるためには勉強は欠かせません。

勘だけで勝ち続けられるような甘い世界ではありません。

プライスアクショントレード

過去のチャートをたくさん見ていると、「値動き」というものは過去のチャートと似たような動きが頻繁に起こるものだということに気が付きます。

チャートの動きは多くの人の感情によって動きます。

同じような状況に置かれたとき、人は同じような反応をするのです。

そのため過去と同じようなチャートが何度も現れます。

代表的なチャートパターンがいくつか存在します。

ダブルボトム

w-buttom

下降トレンド後の底値圏で出現する場合があります。

このチャートパターンが現れたときは「買いのサイン」になります。

ネックラインを超えたらエントリーします。

」が2つあるのでダブルボトムです。

谷が3つになると「トリプルボトム」となります。

トリプルボトムの場合は底が固いことを意味します。

ダブルボトムより売り圧力が強いことを表しています。

ダブルトップ

w-top

ダブルボトムの逆です。

上昇トレンド後の天井圏で出現する場合があります。

このチャートパターンが現れたときは「売りのサイン」になります。

ネックラインを超えたらエントリーします。

」が2つあるのでダブルトップです。

山が3つになると「トリプルトップ」となります。

トリプルトップの場合は天井が固いことを意味します。

ダブルトップより買い圧力が強いことを表しています。

ヘッド・アンド・ショルダー

head-sholder

三尊、逆三尊ともいいます。

ヘッド・アンド・ショルダーはトリプルボトム、トリプルトップと同じように「3つの山」と「2つの谷」で形成されますが、2つ目の山が飛び抜けているのが特徴です。

ヘッド・アンド・ショルダーボトムは強い上昇トレンドに入る可能性があり、ヘッド・アンド・ショルダートップは強い下降トレンドに入る可能性があります。

どちらの場合もネックラインを超えたところがエントリーポイントです。

ヘッド・アンド・ショルダーはあまり見かけませんが、出現したら高い確率でトレンドが発生します。

このほかにもいろいろなチャートパターンが存在します。

これらのパターンを記憶することで瞬間的に今後の相場の動きを予想することができるのです。

しかし、チャートパターンを覚えるだけでは勝つことは出来ません。

現在のチャートになった「背景」を読み解く力が必要です。

現在のチャートからストーリーを読み解きます。

相場の環境はどのような状況なのか。

トレンド相場なのか、レンジ相場なのか。

サポートライン、レジスタンスラインの位置はどのあたりか。

まずは、どうして現在のチャートになったのかを考えてみましょう。

それはチャートだけを見ていても答えは出ません。

景気が良くなった~円高だ~。

そんな単純なものではありません。

為替に関わる多くの人の感情の動きを読み解き、チャートの動きの理由付けをするのです。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!