Oculus GoのbigscreenでWindows7の画面を映す

Pocket

人気No.1記事!

ゼロカット+レバレッジ888倍の最強組み合わせで稼ぐFXのXM

Oculus GoはスタンドアローンVRなのでパソコンを必要としません。

これまでのVRデバイスはパソコンと接続しなければなりませんでした。

VRを始めるまでの手間がかかるため「ちょっとした時間にVRを楽しもう」という感じではありませんでした。

それに比べOculus GoはVRデバイスを被ってリモコンを握ればすぐにVRが始められます。

Oculus Goを持ち出せば、例えば出張先のホテルでVRを楽しむこともできます。

今後、スタンドアローンタイプのVRデバイスが増えていくことが予想されます。

そんなOculus Goの良さからすると少しズレてしまうのですが、「bigscreen」というアプリが人気です。

bigscreenでは仮想の空間に大きなモニタが表示され、パソコンの映像などを映すことができます。

パソコンの映像を写すことにどんな利点があるのでしょうか?

それはパソコンでできることがVR内でもできるということです。

Oculus Goに対応していない動画サービスでもbigscreen経由でパソコンから表示させて視聴することができます。

パソコンのゲームをVR内でプレイできます。

パソコンを必要としないOculus Goなのにbigscreenを利用するときはパソコンを使用するのです。

少し矛盾している感はありますが面白いアプリです。

そんなbigscreenですが、ネットではWindows7には対応していないという内容と対応しているという内容の両方が出てきます。

自分のパソコンのOSはWindows7なので対応してほしいところ。

実際にWindows7で利用できるか試してみました。

パソコンにbigscreenをインストールするためには先にsteamというアプリをインストールしなければなりません。

検索エンジン等でsteamを検索しホームページを表示。

右上の「Steamをインストール」をクリックしsteamをインストールします。

steamインストール

アプリ「steam」を起動します。

アプリ内から「bigscreen」をインストールします。

検索窓から「bigscreen」を検索したほうが見つけるのが早いかもです。

steam

bigscreenインストール後、左上の「ライブラリ」をクリック。

すると下の画面に切り替わります。

左側の「Bigscreen Beta」を右クリックし、「Remote Desktop streaming clientをプレイ」を選択します。

bigscreen起動3

下の画面に切り替わります。

一番下の「START STREAMING」をクリックします。

bigscreen起動2

「room-◯◯◯◯◯◯◯◯」とルーム番号が表示されます。

Oculus Goでbigscreenを立ち上げ、「Join Rooms」をクリックし、「JOIN ROOM ID」にルーム番号を入力し入室すれば仮想空間上に自分のパソコン画面が表示されます。

bigscreen起動3

正直、自分のノートパソコンは古い機種なので処理能力が低く表示がカクつきます。

処理能力の高いパソコンならばストレスなく使用できることでしょう。

スペックが低くてOSがWindows7というあまり環境の良くない自分のノートパソコンでも動かすことができたということが嬉しかったです。

自分の場合はただ「実際に動いた」という事実だけで満足しているのですが、「実用」を目的としている人には不満の残る結果かもしれません。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!