FXのディールスコープで9割の負け組にならない方法

Pocket

人気No.1記事!

ゼロカット+レバレッジ888倍の最強組み合わせで稼ぐFXのXM

FXの世界では9割のトレーダーが負けていると言われています。

「9割の負け組」と「1割の勝ち組」という割り合いなのだそうです。

あなたが「1割の勝ち組」に入るための方法。

それはヘッジファンドたちと同じポジションでトレードすることです。

ヘッジファンドたちは個人投資家たちをカモにして利益を上げています。

その莫大な資金力を利用し一時的に為替レートを自分たちが有利な方向へ動かすことができます。

例えば、大多数の個人投資家たちが「買い」で注文を入れました。

みんなが「買い」で注文を入れれば為替レートは上昇するハズです。

注文を入れた直後に為替レートが逆方向に動いた。

そんな経験はありませんか?

個人投資家たちが「買い」の注文を入れるタイミングでヘッジファンドたちは大量の「売り」の注文を入れます。

「買い」と「売り」が拮抗すると為替レートは動けません。

さらに「売り」の注文が入れば為替レートは下降していきます。

為替レートが下降することで個人投資家たちの「損切り」による売り注文が行われます。

これによりさらに為替レートは下降します。

為替レートが下がるのでヘッジファンドたちは利益を上げることができます。

ヘッジファンドたちと同じトレードを行う。

これはつまり、大勢の個人投資家たちと逆のポジションを持つということです。

個人投資家たちが現在保有しているポジションの状況を知ることができれば逆のポジションを取りやすくなるハズ。

有効なツールとして「ディールスコープ」があります。

売り買いのポジション量の推移が時系列でわかるという優れものです。

ディールスコープを利用すれば「1割の勝ち組」に入れるかもしれません。

ディールスコープは外為オンラインでのみ提供されている機能です。

ほかのFX業者で「ディールスコープ」ような機能を提供しているところはありません。

売買比率、ポジション比率を公開している会社は数社あります。

ディールスコープはあくまでも「為替オンライン」で取り引きを行っているトレーダーのデータを集計したものですが、日本でユーザー数1、2位を争う会社なので有用なデータであると考えられます。

ディールスコープを使って個人投資家の動向をチェックします。

「ヘッジファンドはどこで仕掛けてくるか?」

その仕掛けるタイミングに合わせて同じポジションを取ることができれば勝率はグッと上がります。

ディールスコープが使える外為オンラインはツールとして利用するのみ。

実際のトレードはハイレバレッジで取引ができる海外FX業者「XM」がオススメ。

最大888倍というハイレバレッジは大きな利益を得られる可能性を秘めています。

資金が「マイナス」にならない「ゼロカット」ならば仮に大損してしまっても借金を負うことにはならない安心システムです。

このゼロカット日本のFX業者で採用しているところはなく、日本のFX業者を利用していて仮に大損した場合、その下限はなく資金はマイナスになり借金を負うことになります

海外FX業者ですがXM完全に日本語に対応しているので英語力は必要ありません。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!