XMの入金ボーナスを利用した攻略法

Pocket

海外FX業者人気No.1XMには多くのボーナスがあります。

無料で行える口座開設でもらえるボーナス3,000円

口座に入金することで発生する入金ボーナス(入金額の100%)

取り引きを行う度に発生するロイヤルティプログラム(取引毎ボーナス)

中でもXMの入金ボーナスは100%ととても魅力的です。

100%のボーナス」とは少しわかりにくい表現ですが、例えば1万円を入金した場合、100%のボーナスでFX口座には入金額の2倍の2万円が反映されます。

各種ボーナス+豪華キャンペーン+レバレッジ888倍のXM

賢いボーナスの利用方法

ボーナスで増えた資金ですがちゃんと「内訳」がされています。

現金(バランス)ボーナス(クレジット)です。

トレードによって「内訳」がどう変化するのか確認しておきましょう。

入金ボーナスで増えた証拠金のトレード時の状況について

5万円を入金して10万円の証拠金がある場合で説明します。

内訳(現金5万円、ボーナス5万円)

トレードが上手くいかなかった場合。

1万円の損失が5回、合計で5万円を損失したとします。

証拠金の残りは5万円です。

この場合の残りの証拠金の内訳は、現金0円、ボーナス5万円になります。

そうです、損失は現金から減っていきます。

そしてボーナス分は出金できません。

分割して入金したほうがお得です。

1万円入金→2万円

1万円の負けが2回で残金0円

また1万円入金→2万円

1万円の負けが2回で残金0円

さらに1万円入金→2万円

1万円の負けが1回で残金1万円

合計で5万円の損失です。

証拠金の残りはボーナスの1万円です。

実際の損失は3万円です。

同じ損失の仕方ですが2万円は現金として手元に残っています。

同じ回数、同じ金額を損失しているのに、一度に入金してトレードした場合と、分割して入金した場合とでは2万円の差が出ます。

一括で入金した場合、5万円の現金はなくなりますが、5万円のボーナスが残っていますので残りのボーナスでトレードして増える可能性は大いにあります。

しかし細かな入金を繰り返すのは面倒です。

FX口座を複数開設し使い分ける

入金は一度に行い、FX口座を使い分ける方法をオススメします。

トレード用専用口座、振り込み専用口座、利益振替専用口座の3つを用意します。

振り込み専用口座に5万円を振り込みます。

振り込み専用口座にはボーナスが反映されます。

現金5万円+ボーナス5万円=合計10万円です。

振り込み専用口座からトレード専用口座に1万円を移動します。

トレード専用口座には現金1万円+ボーナス1万円の合計2万円が移動します。

トレード専用口座でトレードを行い、1万円の利益を得ました。

現金2万円+ボーナス1万円=合計3万円になります。

この3万円を利益振替専用口座に移し、トレード専用口座を0円にします。

また、振り込み専用口座からトレード専用口座に1万円を移動します。

トレード専用口座には現金1万円+ボーナス1万円の合計2万円が移動します。

トレード専用口座でトレードを行いましたが2万円の損失となりました。

トレード専用口座の残高は0円になりました。

つまり入金は一度のみ。

FX口座からFX口座への現金の移動を行うことで分割入金と同じ状況を作ります。

トレードを行うとロイヤルティーポイントが貯まる

XMのボーナスは口座開設ボーナス、入金ボーナスだけではありません。

トレードを行うたびにロイヤルティーポイント(XMP)が貯まります。

貯まったポイントはボーナスに換金できます。

トレード期間に応じてステータスがアップグレードします。

初めは「EXECUTIVE」から始まります。

1ロットあたり10XMP貯まります。

30日以上のトレードで「GOLD」になり、60日以上で「DIAMOND」になります。

100日以上のトレードで最高位の「ELITE」になり1ロットあたり20XMP貯まります。

普通に毎日トレードを行っていれば勝手にステータスが上がっていきます。

気が付けば最上位のELITEになっていることでしょう。

貯まったXMPはボーナスに換金できます。

XMPを3で割った数がボーナスとして反映されます。

例えば300XMPの場合、100になります。

100とは100ドルのことです。

円に換算すると1ドル=110円の場合、11,000円になります。

XMでは入金額以上の資金で取り引きができるのが強みです。

さらにレバレッジ888倍というハイレバレッジでトレードできるので大きな利益が期待できます。

多くのトレーダーがXMに乗り換え、長くトレードを続けているという事実。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!