【2023年版】東京ディズニーランドの面白いウンチク!知ってるともっと楽しめる10の秘密

スポンサーリンク

東京ディズニーランドは、ディズニーの魅力が詰まったテーマパークです。

しかし、アトラクションやショーだけでなく、パークに隠された面白いウンチクも知っておくと、もっと楽しめますよ。

そこで、この記事では、東京ディズニーランドの面白いウンチクを10個ご紹介します。

これらのウンチクを知っておけば、パークでの時間をより深く味わえますよ♪

  1. ワールドバザールの屋根には意味がある
    東京ディズニーランドの入り口にあるワールドバザールは、20世紀初頭のアメリカの街並みを再現したエリアです。ここには、他のディズニーパークにはない特徴があります。それは、屋根があることです。実は、この屋根には意味があるんです。日本は雨や雪が多い国なので、ゲストが快適にショッピングや食事を楽しめるように、屋根が設置されたのです。また、屋根にはスピーカーや照明なども備えられており、パレードやショーの演出にも活用されています。
  2. ワールドバザールの建物には歴史がある
    ワールドバザールの建物は、ただ単にレトロな雰囲気を出すために作られたものではありません。実は、それぞれに歴史的な背景やエピソードがあるんです。例えば、グランドエンポーリアムというお土産屋さんは、1901年にオープンしたマーシー・アンド・カンパニーという有名な百貨店をモデルにしています。また、イーストサイドカフェというレストランは、1904年に開催されたセントルイス万国博覧会で人気だったレストランを再現しています。ワールドバザールの建物を見るときは、その歴史も感じてみてください。
  3. パーク内の音楽には工夫がある
    東京ディズニーランドでは、パーク内の音楽にも工夫が凝らされています。例えば、ワールドバザールでは、時代や場所に合わせて音楽が変わります。朝は明るく元気な音楽が流れますが、夜は落ち着いた音楽に切り替わります。また、エリアごとにも音楽が変わります。アドベンチャーランドではジャングルや南国の音楽が流れますが、トゥモローランドでは未来的な音楽が流れます。さらに、パレードやショーの時は、そのテーマに合わせた音楽が流れます。パーク内の音楽に耳を傾けてみると、そのエリアの雰囲気やストーリーがより伝わってきますよ。
  4. パーク内の植物には意味がある
    東京ディズニーランドでは、パーク内の植物にも意味があるんです。例えば、ワールドバザールでは、20世紀初頭のアメリカの街並みに合わせて、当時流行っていた植物が植えられています。また、アドベンチャーランドでは、ジャングルや南国の植物が植えられていますが、実はそれらは日本で育つ植物なんです。日本で育つ植物を選ぶことで、管理や手入れがしやすくなりますし、季節に合わせて変化する様子も楽しめます。パーク内の植物を見るときは、そのエリアのテーマや工夫も感じてみてください。
  5. パーク内のキャラクターには秘密がある
    東京ディズニーランドでは、パーク内でキャラクターに会うことができます。しかし、実はそのキャラクターにも秘密があるんです。例えば、ミッキーマウスは、パーク内で5種類の衣装を着ています。それぞれに合わせた色やデザインの衣装を着ていますが、実はその衣装には意味があります。ワールドバザールでは、20世紀初頭のアメリカの街並みに合わせて、当時流行っていた衣装を着ています。また、トゥーンタウンでは、自分の家にいるようなカジュアルな衣装を着ています。パーク内でキャラクターに会うときは、その衣装にも注目してみてください。
  6. パーク内のトイレにはテーマがある
    東京ディズニーランドでは、パーク内のトイレにもテーマがあるんです。例えば、アドベンチャーランドでは、ジャングルや南国の雰囲気を感じられるトイレがあります。壁や床には動物や植物のモチーフがあしらわれていますし、水洗トイレの音もジャングルの音になっています。また、トゥモローランドでは、未来的な雰囲気を感じられるトイレがあります。壁や床には宇宙や星のモチーフがあしらわれていますし、水洗トイレの音も宇宙船の音になっています。パーク内のトイレを利用するときは、そのエリアのテーマにも注目してみてください。
  7. パーク内のゴミ箱には工夫がある
    東京ディズニーランドでは、パーク内のゴミ箱にも工夫が凝らされています。例えば、ワールドバザールでは、20世紀初頭のアメリカの街並みに合わせて、当時使われていたゴミ箱が置かれています。また、アドベンチャーランドでは、ジャングルや南国の雰囲気を感じられるゴミ箱が置かれています。木や竹などの素材で作られたゴミ箱がありますし、中には動物の形をしたゴミ箱もあります。さらに、パーク内のゴミ箱は、30メートルおきに置かれているんです。これは、ウォルト・ディズニーが自分で実験して決めた距離なんですよ。パーク内でゴミを捨てるときは、そのエリアのテーマや工夫も感じてみてください。
  8. パーク内の建物には隠れミッキーがある
    東京ディズニーランドでは、パーク内の建物にも隠れミッキーがあるんです。隠れミッキーとは、ミッキーマウスの顔やシルエットが隠されたデザインのことです。例えば、アドベンチャーランドでは、ジャングルクルーズというアトラクションの入り口にある壁に隠れミッキーがあります。壁に描かれた動物や植物の中に、ミッキーの顔が見えます。また、トゥーンタウンでは、グーフィーのペイント&プレイハウスというアトラクションの外壁に隠れミッキーがあります。外壁に描かれたペイント缶やブラシの中に、ミッキーのシルエットが見えます。パーク内で建物を見るときは、隠れミッキーを探してみてください。
  9. パーク内のアトラクションにはストーリーがある
    東京ディズニーランドでは、パーク内のアトラクションにもストーリーがあるんです。例えば、スプラッシュマウンテンというアトラクションは、ディズニー映画『南部の唄』に登場するキャラクターたちの物語を再現しています。アトラクションに乗ると、ブレア・ラビットやブレア・ベア、ブレア・フォックスなどのキャラクターたちが歌ったり踊ったりしています。また、モンスターズ・インク“ライド&ゴーシーク!”というアトラクションは、ディズニー映画『モンスターズ・インク』の続編として作られています。アトラクションに乗ると、サリーとマイクがモンスターズ・インク社で開催したサプライズパーティーに参加できます。パーク内でアトラクションに乗るときは、そのストーリーにも注目してみてください。
  10. パーク内のショーには演出がある
    東京ディズニーランドでは、パーク内のショーにも演出があるんです。例えば、ワンス・アポン・ア・タイムというショーは、シンデレラ城に映像や光を投影して、ディズニーの名作映画の世界を表現しています。しかし、実はこのショーには、見る場所によって違う演出があるんです。例えば、シンデレラ城の正面から見ると、映像や光が鮮明に見えますし、音楽も大きく聞こえます。しかし、シンデレラ城の横から見ると、映像や光がぼやけて見えますし、音楽も小さく聞こえます。これは、正面から見る人にはメインのストーリーを楽しんでもらうために、横から見る人にはサブのストーリーを楽しんでもらうために、故意に演出を変えているんです。パーク内でショーを見るときは、その演出にも注目してみてください。

以上、東京ディズニーランドの面白いウンチクを10個ご紹介しました。

いかがでしたか?

東京ディズニーランドには、見た目だけでなく、中身も豊富に楽しめる要素がたくさんあります。

パークに行くときは、これらのウンチクを思い出して、より一層パークを楽しんでくださいね♪

コメント