トランプ大統領でトランポリン相場だ

Pocket

トランプ大統領に期待しているのか?

大統領選挙の開票速報時から為替相場は敏感な動きをしてきました。

為替チャートを見ると、それはトランポリンでジャンプでもしたかのような動きをしている。

大統領選挙開票時、トランプ大統領が予想に反して勝利するかもしれないという状況で為替レートは一気に下がりました。

大幅なドル安になりました。

トランプ氏が大統領になったら先行き不安ということからなのでしょうか。

トランポリンで飛び跳ねる前の踏み込みに似た大きな沈みが為替チャートに見られました。

しかしトランプ大統領の当選がほぼ確実となったとき、為替レートは一気にドル高へと反転しました。

先程の不安から一気に反転し、トランプが大統領になることでアメリカの景気が良くなるかもしれないという過剰な期待が為替レートを動かしたのでしょうか。

トランポリンの踏み込みが深かった分、飛び上がりは大きなものとなりました。

時は満ち、トランプ大統領就任直前になると為替チャートはキレイな放物線を描くようにドル高の勢いが徐々に弱まり、そして緩やかな下降に転じました。

就任直前になり、まるで「マリッジブルー」のようにトランプ大統領に対して不安を感じているのでしょうか?

そしてトランプ大統領の就任式が行われました。

どんなスピーチを行うのか全世界が注目していました。

アメリカの大統領就任スピーチがここまで注目されたことがこれまであったでしょうか?

世界の関心の高さが伺えます。

それだけにトランプ大統領の就任スピーチは重要であり、今度の為替相場にも大きな影響を受けるでしょう。

トランプ大統領のスピーチが行われましたが市場は思ったよりも冷静でした。

トランプ大統領のスピーチの内容が想定内の内容だったからです。

少しドル安になりましたが落ち着いた状況で土曜日の朝を迎え閉場となりました。

楽しみなのは休み明けの月曜日となりました。

きっとどちらか一方に為替が動き出し、トレンドが発生することしょう。

トランプ大統領を期待してのドル高に動くのか、不安を感じてのドル安に動くのか。

トレーダーにとっては目の離せない週の始まりとなることでしょう。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!