FXするならIMM通貨ポジションは確認しておくべき

Pocket

FXのトレードでトレンドを判断する材料の一つとして「IMM通貨ポジション」を確認するトレーダーがいます。

 

「IMM」とは国際通貨市場(International Monetary Market)のことです。

このIMMに参加しているヘッジファンドや金融機関が現在保有している通貨のポジションのことを「IMM通貨ポジション」といいます。

このIMM通貨ポジションは全米先物取引委員会(CFTC)が公開を義務付けています。

毎週金曜日の取引終了後に買いと売りの建て玉数を公表しています。

公表されるポジションはその週の火曜日時点のものになります。

3日前のポジションですがトレンドを判断する分には問題はないでしょう。

 

上のグラフはIMM通貨ポジションの一例です。

このグラフから「売り」のポジションを保有している割合のほうが高いことがわかります。

 

FXのトレードは順張りが基本です。

トレンドに乗った方向でポジションを取ります。

最近はレンジ相場が続いているため方向を見極めることが難しいですが、IMM通貨ポジションで売りと買いのどちらが優勢か確認することで買い待ちでトレードするか売り待ちでトレードするかの判断にはなると思います。

 

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!