世界初ブラックホールの撮影に成功したM87銀河ってもしかして・・・・。

Pocket

ウルトラマンの故郷はM78星雲ですが、本当はM87星雲だったらしいです。

脚本を印刷するときにM87をM78と誤記されそのまま放映されてしまいM78星雲で定着したとのこと。

M87の中心には超大質量ブラックホールが存在していて、世界初のブラックホール撮影に成功したブラックホールとして今後歴史に名前を刻まれることになるでしょう。

光をも飲み込んでしまうブラックホールの撮影に成功したと言っても、ブラックホール自体は光をも飲み込んでしまうため撮影された画像は「ブラックホールの輪郭」なのだそうです。

撮影方法も大掛かりで、世界各地の電波望遠鏡をつないで地球サイズの望遠鏡として観測したのだと言います。

「ブラックホールの存在が証明された」と言っていますが、私の頭の中では今でも「SFの世界の作りもの」という認識が離れません。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!