重機作業の安全対策

Pocket

重機作業で起こる事故は意外なときが多い

土木工事で最も死亡事故が多いのは、実は重機の稼働時ではなく移動時です。

土木工事で危険だと思う作業はどんな作業ですか?

クレーンやバックホウなどによる荷揚げ、荷降ろし時が危険と思う人は多いでしょう。

掘削作業時も危険だと思いますよね。

それよりも移動時のほうが死亡事故は多いのです。

危険だと認識し気を付けているときは事故は起こりにくいです。

移動時はあまり危険を意識しないようです。

その気の緩みが事故を引き起こす可能性があるのです。

油断しやすい作業は他にもあります。

測量や写真撮影などでは重機に背を向けての作業をすることがあるため重機に気が付くのが遅れ轢かれてしまう事故などが起きています。

重機などの点検や整備作業では重機の一部が動き出し修理していた作業員が巻き込まれてしまうという事故などが起きています。

重機の事故が一番多いのはバックホウ関連

バックホウ関連の死亡事故で一番多いのはバックで轢かれた事例です。

旋回等による災害が一番多いと予想していた人が多いです。

旋回時での接触等による事故はバック時の次に多い事故です。

「バックホウの旋回時は危険である」と危険性の高さを認識しているので注意し作業しているため事故率が低くなっていると思われます。

重機作業での安全対策項目

適切な施工機械を選択し使用する

工事現場で周囲の状況や現場の状況を事前に確認する。

重機の能力を超えた使用は行わない。

ユニック車で荷物の積み下ろし作業で「ちょっとだから」といって能力を超える重さの荷物の積み下ろしをするとユニック車自体が傾き横転する危険があります。

安全装置の解除をして作業を行わない。

ユニック車でもう少し高く上がれば一度の作業で済むからといって安全装置を解除するとワイヤーの巻き過ぎでワイヤーが切れ荷崩れを起こす危険があります。

誘導員を配置する

人と重機との共同作業を行う場合は誘導員を適正に配置すること。

誘導方法や合図を確認すること。

壁の向こう側など重機を作業する人から見えない「死角」に人が入り込むと事故が起こりやすくなります。

誘導員を配置し、的確な合図を行い事故防止を心がけます。

作業員に対する作業方法の周知を行う

作業手順の周知を徹底すること。

この作業では転倒や接触の恐れがあるために適切な作業手順で行う必要があるということを作業員全員に周知させることが重要です。

「知らなかった」という1人が居たために事故が発生してしまった事例は数多くあります。

どんな事故が実際に起こったかを知ることの重要性

事故は隠したくなるもの。

現場でどのような事故がどのようにして起こったのかをすることは今後の事故防止に大いに役立ちます。

事故はどのようなシチュエーションで起こったのか。

何故事故が起きたのか。

何が原因だったのか。

事故が起こらないようにするためにはどうするか。

ただ闇雲に「危険!」と書かれていても、どう危険であるかを知ることが重要です。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!