完全週休2日で残業なしは羨ましい?

Pocket

今、自分が勤めている会社は完全週休2日制で、就業は8時~17時で残業なし。

家には17時30分ごろには帰っている。

小さな製造業も会社だ。

従業員は10人くらい。

新しい従業員が入ってくることもなくここ10年くらい顔ぶれは変わらない。

このような会社を他の人はどう思うのだろうか?

私はこの会社にしか勤めたことがないので客観的に見ることができない。

羨ましいと思われたりするのだろうか?

完全週休2日で残業なしと聞けば「いい会社」と思われるだろう。

でも勤めている側としては「いい会社」とはとても思えない。

まず第一に「給料が安い」。

ネットで調べてみると「底辺」と呼ばれるあたりの基準だ。

現在の給料で嫁さんと子どもを養っていくのは無理だ。

嫁さんも働いているがそれでも毎月赤字だ。

嫁さんが結婚する前に貯めていたという貯金から少しずつ補填してもらっている状況。

この状況でいつまで続けられるか不安でしかない。

第二に「暇」。

残業しなくなったのは残業するほど仕事がなくなってきたからなのだ。

年々仕事が減ってきている。

「これ以上は仕事減らないだろう」

毎年そんなことを考えているが一昨年より去年、去年より今年のほうが仕事が減った。

今では仕事が無さすぎて、どうやって時間を潰そうか考える毎日。

何もすることがない時間をどうやって過ごすかを考えることがこんなに苦痛だなんて。

第三に「不安」。

従業員がすることがなくて時間を持て余している。

製造業なのに製品を作っていないということ。

製品を作らなければ売り上げはない。

会社にお金が入ってこない。

それでどうやって会社が成り立っていく?

昔は忙しい会社だった。

毎日残業、休日出勤当たり前。

納期に追われ、頭も身体も休めないような毎日だった。

そんな昔の状況に戻りたいとは思わないが昔とはあまりにも違う会社の現状に不安を感じるのは当然。

こちらにも生活がかかっている。

いくら給料が安いからといっても「無収入」よりはマシ。

今、自分は一つの会社が潰れていく過程を体験しているのかもしれない。

この体験は今度の自分に役に立つ経験となるのだろうか?

たぶん何の役にも立たないだろう。

そしてこの暇な時間は無駄な時間でしかないだろう。

潰れている会社に乗っかっている自分。

自分もきっと一緒に潰れていくのだろう。

このままでは「共倒れ」になるということをわかっていながら次の行動を取れない自分はダメダメだとわかっているのに。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!