仮想通貨で「含み益」と「含み損」の認識を持つこと

Pocket

仮想通貨は取引所(Webウォレット)に預けるのが普通

多くの人は「コインチェック580億円流出事件」が起こる前までは何も疑わずに仮想通貨を取引所に預けていたことでしょう。

事件をきっかけに「仮想通貨は自分で管理するもの」と考えを改めた人は多いと思います。

取引所(Webウォレット)からソフトウェアウォレットやモバイルウォレットに仮想通貨を移動して自分で管理することにした人も多いことでしょう。

ソフトウェアウォレットとはネットに接続されている自分のパソコンで保管する方法です。

モバイルウォレットとはスマホで保管する方法です。

しかしネットに繋がっているのでハッキングの被害に遭う可能性があります。

安全に管理するとなると、ハードウォレットかペーパーウォレットで保管することになります。

ハードウォレットとは外付けの機器で保管する方法です。

ペーパーウォレットとは紙に「秘密鍵」を印刷して保管する方法です。

どちらもネットに繋がっていない環境なのでハッキング被害に遭いません。

仮想通貨を預けていると感覚

コインチェック580億円流出事件のニュースを観ていると、「貯金の大半をコインチェックに預けていた」と話す被害者が多いことに驚かされます。

銀行に預金する感覚で仮想通貨を購入しWebウォレットに預けていたのでしょうか?

銀行にお金を預けるとほんの僅かだが利子が付いてお金が増える。

仮想通貨はこれまで価格が上昇していたのでWebウォレットに預けた仮想通貨の価値がどんどん上がったことでしょう。

購入したときは100万円の価値だったものが1,000万円の価値になった。

お金を預けている感覚なので「1,000万円に増えた」と喜んでいたことでしょう。

銀行に預けたお金に大きな利子が付いたような感覚で「1,000万円は減らないもの」と勘違いしていたのかもしれません。

FXなどでトレードしている人からすればこの1,000万円は「含み益」の状態なので「利確」するまでは安心できません。

利確して始めて「儲かった」と思います。

「含み益」はあくまで「含み」なので「未確定」です。

FXなどでトレードの経験のない人は「お金が増えた」という認識なので「含み益」の状態で確定申告が必要なのではないかと考える人が多いです。

「含み益」の時点では課税されません。

「利確」して初めて課税対象となります。

怖いのが、利益を確定したが現在は「含み損」を抱えている状態です。

例えば100万円分の利益を確定し「円」に換金した場合、100万円は課税対象になります。

その後の取り引きで現在の仮想通貨は「100万円の含み損」を抱えている状態だとします。

実際はプラスマイナス0円の状態なのに100万円を利確したので確定申告をして税金を収めなくてはなりません。

危険なのが含み損を抱えたまま年を越すことです。

利益を出した年内に含み損も確定すれば相殺することができます。

この年の収支がプラスマイナス0ならば利益は出ていないことになるので課税はされません。

仮想通貨の取り引きで怖いのが「儲かるらしい」という話しを聞いて自分で調べることなく仮想通貨に手を出すことです。

預けたお金が減るリスクがあるという認識を持たない人が仮想通貨の取り引きを始める。

銀行の預金を仮想通貨に替える。

仮想通貨の価値が下がり損失を被り困り果てる。

仮想通貨は自分の資金の「余剰金」で行わなければならないもの。

失っては困る資金は銀行に預けたほうがよい。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!