トランプショックは為替にも金にも

Pocket

FXでは「予想外」なことが起こると大きな為替変動が起こります。

アメリカ大統領選の投票前までは「史上初の女性大統領誕生」の可能性が高いと予想されていました。

誰もが「トランプ氏の当選は無いだろう」と思っていました。

しかし蓋を開けてみればトランプ氏の勝利。

これは「EU離脱ショック」の上を行く驚きでした。

開票速報時、為替相場は非常に敏感な値動きでした。

開票速報が流れるたびに為替が大きく変動しました。

動いた方向は「円高」でした。

トランプ氏が大統領になったら先行きが不安」という見方が強いのか、投資家たちは「」に逃げました。

有事の金買い」という言葉があるように、投資家たちは「金(Gold)」にも逃げました。

一時的に金の価格が高騰しました。

アメリカ大統領選挙は大接戦でした。

そのため、各州の「当確」の情報が流れるたびに為替は敏感に反応しました。

その反応は敏感過ぎました。

トランプ氏の当選が濃厚となったタイミングで「円安」へと為替の動きは反転しました。

円安」に反転したのと時を同じくして「」の価格も下がりました。

こんな動きを誰が予想できたでしょうか?

「買ったら下がった」

「売ったら上がった」

「往復ビンタ」を食らってFXから強制退場を余儀なくされたトレーダーも多かったことでしょう。

為替の流れに乗って「順張り」でトレードしていた人はそれはもう大きな利益を得られたことでしょう。

海外FX業者のXMでは、「アメリカ大統領選の開票時」にレバレッジ規制を行いました。

急激な為替変動が起こる可能性があるためで、トレーダーを守ることを目的としていました。

レバレッジ規制は夕方には解除されました。

アメリカ大統領選の開票時にトレードを行わなかったトレーダーが正解だったのかもしれません。

嵐が過ぎ去った後の為替レートは緩やかな「円安」の動き。

アメリカ大統領選前の為替の動きと同じ動きに戻ったことになります。

為替レートはただ振り回されただけという感じ。

FXで生き残るためには「ギャンブル」に近いトレードは行わないことです。

XMではFXだけでなく、金(Gold)のトレードも行えます。

トランプ大統領が誕生し、世界はトランプ大統領の言動、行動ひとつひとつ注目しています。

良くも悪くもここまで注目されるアメリカ大統領が居たでしょうか?

トランプ大統領で世界はどちらに転ぶか今のところわかりません。

為替の動きもどちらに向かおうか迷っているような動き。

トランプ大統領への期待からドル高になり、不安を感じてドル安になり。

トレーダーには予想が難しい状況が続きそうです。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!