FXに向いている人

Pocket

FXで勝てる人は10人中1人、たったの1割と言われています。

9割の人が勝てないという厳しい世界です。

勝てない人の多くはFXに向いていない人。

ではFXに向いているのはどんな人なのでしょうか?

まずは先に「向いている人」の反対である「向いていない人」について考えてみましょう。

どんな人がFXに向いていないのでしょうか。

  • 「損したことを引きずる人」
  • 「取り返しに行こうとする人」
  • 「簡単に儲かると思っている人」
  • 「1年以内に止めてしまう人」

FXのトレードは必ず負けるときがあります。

100戦100勝はありえません。

トレードで負けたとき、如何に損失を最小限に抑えることができるかが重要です。

1回の損失を取り返そうと行うトレードは感情的になりがち。

感情的になると2回目の失敗のほうが大きな損失になることも少なくありません。

さらに2回目の損失を取り返そうと感情的にトレードするとさらに大きな損失になりかねません。

損失が続き資金が無くなりFXから退場という人が多いです。

1回の損失で怖くなりトレードができなくなる人は「どちらかというと良い方」です。

FXのトレードは「ちょっと怖い」くらいの気持ちでいるほうが慎重にトレードでき成績も安定します。

FXの勉強を惜しまない人

FXは勉強をしなくても始められます。

運が良ければ簡単に利益が出ます。

しかし運だけでいつまでも勝てるものではありません。

継続的に利益を出しているトレーダーはFXの勉強を怠りません。

基礎はもちろん、為替が変動する仕組み、テクニカルチャート分析、ファンダメンタル分析などなど。

FXの記録を付け続けられる人

テクニカルチャートを見ながら何らかの売買のシグナルを見つけトレードする。

シグナルが出たからトレードするということ自体には問題はありませんが、ノートなどにトレード記録などをちゃんと残していますか?

勝ち組トレーダーの方々はトレードの記録を残すことを怠りません。

そして残した記録を定期的に読み返します。

成功、失敗を記録する。

少額でもいいのでトレードの数をこなしましょう。

「トライ&エラー」を繰り返すことで徐々にトレードがうまくなっていくのです。

FXに真剣に取り組み、勉強を惜しまない人がFXに向いている人なのです。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!