銀(SILVER)の取り引きは難しい

Pocket

銀(Silver)」は「金(Gold)」と同じように宝飾品の材料として使われてきました。

しかし銀は金とは違い、工業用としての需要も高いのが特徴です。

すべての金属の中で最高の電気と熱の伝導性を持っています。

いろいろな電気関係の製品に使われています。

耐熱性が高いことから自動車の窓のシールド、接点の接着剤にも使われています。

太陽光発電の急速な拡大により、太陽光電池での利用が爆発的に伸びています。

銀の需要は今後も伸びるものと予想されます。

銀は工業用としての需要も高いことから景気の動向に値動きが左右されやすいと言われています。

金と銀の関係

金と銀の価格を比較した場合、銀の価格が金の価格と比べ割安だと買われ、割高だと売られる傾向にあります。

金と銀のチャートを重ねて表示し、割高、割安を判断して取り引きしてもいいのかもしれません。

非鉄金属相場との関係

銀の採掘は、亜鉛やニッケルといった非鉄金属の採掘時に付属的に取れます。

そのため、非鉄金属相場の影響を受けやすいです。

亜鉛やニッケルが多く採掘されればそれに比例して銀も多く採掘されます。

銀が多く採掘されれば価格は下がります。

CFDで銀を取り引きする

金とは違い、銀の価格は圧倒的に安いです。

そのため、金と比べ少ない資金で取り引きができます。

金と比べると銀の価格変動幅は大きいです。

変動幅が大きいということはハイリスク・ハイリターンな取り引きになりやすいです。

取り引き対象としてはマイナーなイメージのある銀。

プロでも取り引きが難しいと言われています。

価格の変動幅の広さから投機取引で利用する人がいるようです。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!