副業として考える海外FX業者人気No.1のXMについて

Pocket

これからの時代、「副業が必須」になるかもしれません。

「就職し定年まで働くことが当たり前」と思っていた時代は去り、いろいろな理由で原因で仕事を無くしてしまう厳しい時代になりました。

リストラ、倒産、病気、怪我、人間関係など、仕事を失う可能性は非常に高い。

私に降りかかる可能性で一番高いのは「倒産」だと考えている。

以前に「人間関係」の悪化から会社を辞めようと考えていたが「副業」の努力が実を結び「心の余裕」が生まれ思い留まっていた。

今現在は会社が倒産するまで、これまで通りに仕事を続けるつもりでいる。

会社が倒産すれば給料が入らなくなる。

給料が入らなければ生活が出来なくなる。

すぐに仕事を探すことになるだろうが、40歳以上の自分に再就職先が簡単に見つかるとは到底思えない。

自分と同じように今働いている会社の将来に不安を感じている人は多いのではないかと思う。

大企業に勤めている人や公務員の人は自分の会社が「倒産するかもしれない」という感覚はわからないかもしれない。

小さな会社に勤めている自分の場合、会社の景気の悪化を肌で感じられる。

聞きたくもない会社の資金繰りの厳しさも嫌でも耳に入ってくる。

ボーナスカット、残業カット、昇給なしなど目に見える形で会社の状況悪化が伝わってくる。

もしかしらた今年、そうでなければ来年、会社が倒産するかもしれない。

この先、5年、10年と会社が存続しているイメージが湧かない。

小さな会社で景気が悪いのだから、給料は安い。

給料が安いのに昇給もしない。

ボーナスもない。

妻子持ちの自分の場合、子供の成長に連れ必要経費が嵩んで行く過程中。

徐々に家計を圧迫していく恐怖を味わう。

もうすでに会社の給料だけでは生活できないレベルに達していた。

会社の将来が見えないのと同期して自分の家庭の将来も見えなくなっていた。

何とかしなくては

人は危険がギリギリまで迫らなければ危険を意識から遠ざけるようだ。

通帳から引き落としができません

そんな通知が届いてようやく「事の重大さ」を認識させられた。

ネット副業を選ぶ訳

会社の給料が増えないのであれば「副業」で足りない分を補うしかないと考えた。

初めは土日に行えるアルバイトを探そうかと思ったのだが、本業の仕事はときどき土日に仕事が入るのだ。

それも突発的に。

その突発的に入る仕事を「別の用事があるので行けない」と言える立場ではないため時間を拘束される副業は難しいと考えたからだ。

比較的パソコンは得意なほうなので、パソコンを使用した副業がないか探すことにした。

私に向いているのではないかと思ったのが「ネット副業」だった。

その中でも「アフィリエイト」が稼げるらしい。

その上を行くのが「副業」と呼べるのかわからないが「FX」のようだ。

FXは大きく稼げる可能性があるが、お金を失う可能性もある。

リスクのある副業」だ。

会社の給料が安い私には副業に使えるお金に制限がある。

FXのトレードに使える金額は少ない。

少ない資金でトレードするためにはレバレッジを効かせる必要がある。

日本のFX業者の場合、かけられるレバレッジは最大で25倍だ。

1万円の資金で25万円分のトレードが行える。

例えば1ドル=110円とすると2,000通貨でトレードできる。

(110円×2,000通貨=必要証拠金22万円)

「買い」で注文して1ドル=111円になれば2,000円の利益だ。

1円(100pips)の利益がたったの2,000円。

1円もの変動が1日で起こることは稀で、利益を上げるとしても10pipsがいいところ。

10銭(10pips)の利益だと200円にしかならない。

この金額ではとても「副業」とは呼べない。

海外のFX業者で最も人気があるのがXMだ。

海外のFX業者にはレバレッジ規制がない。

そのためハイレバレッジでトレードができる。

XMでは最大で888倍のレバレッジをかけることができる。

1万円の資金で888万円分ということは8万通貨のトレードが行えるということになる。

(110円×8万通貨=必要証拠金880万円)

10銭(10pips)で8,000円の利益になる。

10pipsの値動きならば1日に何度も起こるのでトレードのチャンスは何度も訪れる。

XMでのトレードならば「副業」と呼べる金額を稼ぐことも可能だ。

ただしトレードが失敗すれば損失になる。

FXのトレードにはリスクがあるのだ。

リスクがあることを理解した上でトレードを続けているのだ。

XMにはリスクのない副業もある。

それはXMのアフィリエイトだ。

ホームページなどでXMを紹介し、誰かがXMの口座を開設すれば自分の顧客として紐付けされる。

紐付けされた人がトレードを行うたびにロッド数に応じて報酬が支払われる仕組みだ。

1ロット(10万通貨)あたり最大で10ドルの報酬が支払われる。

この報酬の仕組みの魅力は顧客がトレードすればするほど報酬が増えるということ。

支払われる報酬額に上限はなく、しかもトレードが続けばいつまでも報酬が発生し続けるということだ。

逆にトレードをしなければ全く報酬はもらえない。

顧客が勝っても負けてもトレード毎に報酬が発生するため自分にはリスクはない。

トレーダーの中には大きな金額でトレードする人がいる。

そんな「大口トレーダー」が自分の顧客に加われば報酬は桁違いに膨らむ。

大口トレーダー獲得には運の要素も強いが顧客が増えていけばそのうちに獲得できるだろう。

私の今はXMのアフィリエイトで成り立っている。

会社の給料では足りない分を補ってくれる「副業」として。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!