セディナでオートローンの完済後すぐに所有権解除を行うべし

Pocket

人気No.1記事!

ゼロカット+レバレッジ888倍の最強組み合わせで稼ぐFXのXM

セディナでオートローンを組んでいて、支払いが完了した場合、自動車の所有者の名義変更が行えます。

自動車ローンが完済しても名義は自分で変更しない限りセディナのままです。

セディナから「所有権解除のご案内」が送られて来ます。

「名義変更に必要な書類」を受け取る際に必要となる重要な書類となりますので無くさないように。

セディナでオートローンを組んだときには自動車の所有権はセディナになっています。

オートローンの支払いが完了したことによりセディナの所有権解除ができます。

場合によって所有権が「シーエフカーシステム」または「クオーク」となっていることもあります。

名義変更を完了し、これでやっと「自分の車」となります。

これはセディナに限ったことではありません。

自動車ローンを組んだ場合、大抵の場合は同じように自動車の所有権は自動車ローン会社になっています。

これまで所有権がセディナになっていても特に不自由に感じることはありませんでしたよね?

自動車の名義変更なんて面倒臭いので別にこのままでもいい。

そう思い名義変更をしなかった場合、この自動車を手放すときに面倒なことになります。

自動車の所有権が他人の名義になっている場合、自動車の名義変更や廃車手続きなどの自動車に関する手続きを行うことができません。

所有権解除の手続きは必要書類を揃えなければならないため面倒です。

車検証のコピー、契約者の印鑑証明書、委任状

下記の問い合わせ先に電話して所有権解除の手続きを行いましょう。

車検証の所有者名によって電話番号が違います。

セディナ、シーエフカーシステム、セディナオートリースのいづれかの場合。

第一カスタマーセンター

052-310-1555

営業時間は9時30分~17時まで。

平日のみ。

クオーク、日本総合信用、東総信サービス、東京クオークサービス、クオークビジネスサポートのいづれかの場合。

第二カスタマーセンター

0120-6868-909

営業時間は9時30分~17時まで。

セディナで所有権解除の手続きを行ったことのある人でその対応に不満を感じている人が多いようです。

必要書類の内容を間違って送ってきたり、手続きにとても時間がかかったり。

多くの不満から「今度はセディナでオートローンは組みたくない」という人の声も多く聞きます。

これはセディナに限ったことなのでしょうか?

ディーラーで新車を購入しディーラーローンを組んだ人の場合、所有権解除をディーラーが勧めないという話しを聞いたことがあります。

自動車の名義がディーラーになっていればそのお客さんはまだ自動車を買い替えていないということになります。

名義変更をしたい=自動車の買い替えを検討している

ディーラーが新車の売り込みをしやすいと考えるのでしょう。

自動車の買い替えをするわけでもないのに名義変更をされるとそのお客さんの動向がわからなくなるからというのですが・・・・。

これはこれで嫌ですよね。

とにかく、自動車ローンを完済したら早めに名義変更の手続きを行うことをオススメします。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!