FXで「秒スキャ」するならレバレッジ888倍のXM

Pocket

「秒スキャ」でトレードするメリットは?

資金が少なくてもトレードできる

秒スキャでは利益は数pipsと少なく、損切りも数pipsで行う必要があるため、「必要証拠金+数pipsの変動に耐えられるだけの余剰金」があればトレードできます。

少ない資金でもトレードできるということは初心者からでも実践しやすい手法と言えます。

ポジション持ちのストレスからの開放

1回の取り引きに費やす時間が長くても1分未満のためポジションを持っているときに感じるストレスから開放されます。

「自分のトレードスタイルに向かない相場の流れ」と感じればトレードを中止し次のチャンスまでノーポジで様子を見ればいいので気持ち的にかなり楽です。

「含み損」を抱えたままの状況はストレスが貯まります。

ストレスから体調を崩しかねません。

どんな相場でもトレードできる

「秒スキャ」ではトレンド相場、レンジ相場のどちらでも関係なくトレードできます。

相場全体の流れを気にすることなくトレードできるのでトレードするタイミングはいつでもあります。

秒スキャでも大切なのは「損切り力」

秒スキャでトレードするトレーダーだけでなく、すべてのトレーダーが身につけなくてはならないもの、それが「損切り力」です。

FXのトレードで勝ち続けることは不可能です。

必ず負けるときがあります。

このとき、素直に負けを認め確実に損切りを実行できるかがとても重要です。

もう少し待てば相場が反転し利益に変わるかもしれない

誰もがそう期待します。

時として反転し利益になることもあるでしょう。

しかし多くの場合は期待が外れ損失が膨らんでしまう。

損切りできていれば次を戦えたのに。

「損切り」を確実に行えるようにメンタルを鍛えることもFXには必要です。

負けが続いたら取り引きを終了する勇気

秒スキャでも負けが続くときがあります。

こういう日は無理にトレードしても損失が膨らむだけです。

この日のトレードは終了しましょう。

少しでも取り返したい

その気持はよくわかります。

FXでは冷静さを失った時点で負けです。

トレードしない勇気を持ちましょう。

多くのFX業者では「秒スキャ」が禁止されている

実際、秒スキャでトレードする場合、FX業者を選ぶ必要があります。

それはFX業者によっては秒スキャ(またはスキャルピング)を禁止しているからです。

日本のFX業者の多くは秒スキャを禁止しています。

秒スキャは短い時間に多くの注文を行うためシステムの負担となります。

裁量で行われる秒スキャはそれほどシステムに負担をかけませんが、EA(自動売買プログラム)を利用した秒スキャの場合、システムに大きな負担をかける可能性があります。

秒スキャ歓迎、レバレッジ888倍のXM

海外FX業者人気No.1のXMではスキャルピングが認められています。

レバレッジが888倍なので少ない資金でロット数を増やしたトレードが行えます。

秒スキャでは1回あたりの利益が数pipsと少ないので利益を大きくするためにはロット数を増やす必要があります。

資金が少ない場合、低レバレッジでは注文できるロット数が少ないため利益は極僅かになってしまいます。

XMのレバレッジ888倍ならば資金を888倍まで増やしてトレードできるため数pipsの利益でも大きな利益を生むことが可能となります。

しかし大きな利益を生むということは大きな損失も被る可能性があります。

秒スキャでは他の手法以上に「損切り力」が重要です。

まずは少ないロットで実戦を積み自分のトレードスタイルに合った「勝ちパターン」を見つけましょう。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!