退職者の提出書類の用意。ハローワークで必要書類をもらおう

Pocket

従業員が退職するときにはいろいろな手続きが必要です

従業員が退職するときに行う手続きはたくさんあります。
退職手続きは退職理由や退職者のその後の進路によって異なるので注意が必要です。
手続きを誤ると大きなトラブルに繋がることがありますので慎重に行いましょう。

従業員が退職したときの手続き

  • 退職者から回収する
  • 退職者に渡す
  • 雇用保険の退職手続き
  • 社会保険の退職手続き
  • 住民税の手続き

退職者から回収するもの

健康保険被保険者証(本人および扶養親族全員分)
社員証(ある場合)
会社からの貸与物(携帯電話、制服など)

健康保険被保険者証は必ず回収が必要です。
今は扶養家族1人1人に健康保険証が発行されているため全員分揃っているか確認しましょう。

退職者に渡すもの(後日送付)

源泉徴収票(退職日から1ヶ月以内に)
雇用保険資格喪失証明書
離職票(退職者が希望する場合)

雇用保険の退職手続き

雇用保険被保険者喪失届の提出
退職した翌日から10日以内に所轄のハローワークに提出します。
雇用保険被保険者喪失届
PDFデータをダウンロードし記入したものをハローワークに郵送します。

離職票(雇用保険被保険者離職票)の送付
離職票は退職者が失業手当をもらうときに必要な書類です。
59歳以上の退職の場合は本人の交付希望の有無にかかわらず離職票を交付しなければなりません。
離職票は「離職票-1」と「離職票-2」2枚一組になっています。

雇用保険被保険者離職証明書の作成
「離職票-2」は雇用保険被保険者離職証明書の3枚目です。
雇用保険被保険者離職証明書は3枚1組の複写式用紙となっているのでダウンロードすることができません。
ハローワークに用紙を取りに行く必要があります。
添付書類が数種類必要となります。

  • 労働者名簿
  • 賃金台帳
  • 出勤簿
  • 退職届など退職理由を確認できるもの

退職者本人が記名押印または自筆による著名をする箇所があります。
退職前に作成し記名押印してもらいましょう。

社会保険の退職手続き

管轄の年金事務所に退職日から5日以内に健康保険・厚生年金被保険者資格喪失届を提出します。
健康保険被保険者証(本人と家族全員分)を添付しなければなりません。
資格喪失年月日は退職日の翌日を記入します。

住民税の手続き

給与から住民税を天引き(特別徴収)していた場合、給与支払報告に係る給与所得異動届を翌月10日までに退職者が居住する市区町村に提出します。
退職日によって手続きが変わります。
退職日が1月1日~4月30日の場合、最後の給与または退職金から一括徴収します。
退職日が5月1日~5月31日の場合、通常どおり最後の1ヶ月分を徴収します。
退職日が6月1日~12月31日の場合、どちらにするか退職者に選択してもらいます。

多くの手続きがあり大変です

この他にも、会社によって手続きを行うことがあります。

  • 財形貯蓄の解約手続き
  • 各種保険料給与控除分生命保険、損害保険
  • 小口精算(出張等旅費精算)

などなど。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!