リクオートに納得いかない!海外FXに乗り換えるべき

Pocket

日本のFX業者でトレードを行っていればいつかは経験するリクオート

リクオート」という言葉を聞いたことが無いかもしれません。

リクオートを英語で書くと「Requote」です。

「quote」とは「値段をつける」という意味があります。

Requoteを直訳すると「値段を付け直す」となります。

値段を付け直す?

誰が?

直訳では「値段を付け直す」ですが、リクオートの意味は「約定拒否」と考えていいと思います。

トレードを行い、含み益で決済注文を入れました。

しかし決済が行われません。

その後、為替が変動します。

先程よりも利益が少なくなってしまうが仕方がないのでもう一度決済注文を出しました。

ここでやっと約定。

こんな経験、ありませんか?

リクオートは為替に大きな動きがあったときに度々発生します。

大きな動きがあるときこそ決済の注文は迅速に行われなければなりません。

リクオートが発生するときはトレーダーにとって不利な方向へ導かれることが多いと感じます。

FX業者が故意に行っているのではないかと疑いたくなってしまいます。

一度疑いだすと今のFX業者を使い続けたいとは思えなくなります。

もっと透明性の高いFX業者でトレードがしたい。

海外のFX業者の中には「リクオートなし」を謳っている業者があります。

プラットフォームも重要です。

日本のFX業者の場合、プラットフォームは自社で開発したもので取り引きを行います。

それは中身が見えないブラックボックスのようなもの。

海外のFX業者の多くはMT4を採用しています。

第三者が提供するシステムなので不正はできません。

そして魅力的なハイレバレッジによる取り引きが行えます。

海外のFX業者に乗り換えを検討しませんか?

英語がわからなくても大丈夫。

海外FX業者人気第一位のXMならば完全日本語対応です。

スタッフに日本人が複数名在中しているのでサポートも安心です。

  • 最大レバレッジ888倍
  • セロカットシステム採用
  • 口座開設で3,000円のボーナス

海外FX業者人気No.1のXMで始めてみませんか?

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!