FX用語「順張り、逆張り」とは?

Pocket

あなたが得意としているのは「順張り」ですか?「逆張り」ですか?

日本人は「逆張り」が好きだと言われています。

「順張り」「逆張り」という用語について説明します。

順張り」とは相場が高くなったら買うこと。

または相場が低くなったら売ることです。

トレンドに乗っかったトレードを行います。

ハッキリとしたトレンドが発生しているときに有効です。

買うタイミングとしては、本日の高値を更新したときや、今年の最高値を更新したときなど「上昇の力が強い」と思われるときです。

相場の流れに逆らわないトレードなので入りやすいと言われています。

「順張り」の反対が「逆張り」です。

相場が下落したタイミングで買いを入れる、相場が上昇したタイミングで売りを入れます。

相場のトレンドに逆らうようなトレードを行います。

「買われすぎ」や「売られすぎ」のタイミングで注文を入れます。

「ここまで下げたからそろそろ上がるだろう」などの心理的なものや、テクニカル分析などから注文を入れます。

日本人は「逆張り」が好きだと言われています。

トレンドに逆らったトレードなのでリスクの高いトレードと言われています。

為替は「上がったら下がり、下がったら上がる」を繰り返しています。

現在上がっていてもそのうちに下がってくる。

まるで波のように。

しかし、その波にも大きな波と小さな波があります。

あなたが注文を入れた価格は「波の頂点」ではない可能性があります。

大きな波ができる途中なのかもしれません。

大きな波に飲み込まれてしまうと戻ってくるまで相当な時間を要します。

大きな波に資金が耐えられるかも問題です。

「順張り」で勝てるようになるまで「逆張り」は控えるのが賢明です。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!