ついにOculus QuestでマイクラVRをプレイできた!

Pocket

Oculus Go購入時からの念願、VRでマイクラをプレイすることでがついに叶いました!

本当はOculus Quest版が正式にリリースされるのを待ちたかったのだけれど、噂だけで本当にリリースされるのかわかりません。

SideQuestならばGalaxy Gear VRのアプリをOculus Questで動かせると知り試してみることにしたのでした。

 

SideQuestはBeat SaberのMOD曲導入のために自宅のノートパソコンにインストールされています。

ネットを調べればGalaxy Gear VRのアプリをOculus Questにインストールし動かす情報は見つかります。

 

SideQuest経由でGalaxt Gear VR版のminecraftVRをOculus Questにインストールします。

Oculus Questを装着しインストールしたマイクラVRを実行してみます。

無事起動に成功、マイクラVRの画面上には「コントローラーのXボタンを押し続けてください」と表示されています。

マイクラVRをプレイするためにはbluetoothのゲームパッドが必要なのです。

 

一度でいいからマイクラVRをプレイしたくてbluetoothのゲームパッドでなるべく安いものを購入することに決めました。

VR動画でマイクラVRのプレイ動画を視聴したときすぐに気持ち悪くなった経験からマイクラVRをプレイできたとしても長続きはしないと考えていました。

どうせbluetoothのゲームパッドを購入するのならiPhoneでも使えたほうがいいと思い、Android、iPhoneの両方に対応しているゲームパッドを探し購入しました。

iPegaというのはメーカー名かな?型式がPG-9157のゲームパッドを購入、安いものの多くは中国製ですが、このゲームパッドPG-9157も中国製です。

実際にペアリングして使えたので問題なしです。

 

実際にマイクラVRをプレイした感想は「やっとマイクラの世界の中に入れた」でした。

これまでスマホの小さな画面でプレイしていたのでVR版はスケールが違います。

全てが実際の大きさに近くなります。

また、高さも反映されるらしく、立ってプレイする分にはいいのですが座ると視線が低くなるため見上げてプレイしなければなりません。

6DoFがマイクラVRの中でも反映されているのです。

ゲームパッドは触らずに自分が実際に前進すると視点だけが前に進みます。

壁の向こう側を覗き見ることができます。

なんだか「幽体離脱」したみたいな感じです。

 

ゲームパッドでのプレイはスマホの時と操作方法が違うため、最初は操作方法がわからなくて手間取りました。

操作方法がわかりいつものようにプレイをしてみました。

思ったよりもVR酔いしません。

始めの設定画面で酔いにくい設定を選んだからだと思います。

プレイしていてもどう違うのかわかりませんでしたが。

VR酔いがなければ長く遊んでいられる。

そう思ったのですが、マイクラVRの場合、立ってプレイします。

視線を移動させるために360度頭を回転させ、さらに下を向いたり上を向いたりしなければなりません。

これが思っていた以上に疲れます。

マイクラVRは体力的に疲れるのです。

VR酔いしにくいのですがやはり少しVR酔いします。

1時間もプレイすると頭が痛くなってきます。

つまりマイクラVRを長時間プレイすることは私には厳しいということです。

一度プレイすることができたため気持ち的にはもう満足です。

あえてVRでマイクラをプレイしなくてもいいかなあと・・・・。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

error: Content is protected !!