XMで新たな仮想通貨が取引可能に

Pocket

XMで取り引きできた仮想通貨はこれまではBitcoin(ビットコイン)(BTC/USD)のみでした。

トレーダーが仮想通貨のトレードを求めているということなのでしょうか?

新たに4種類もの仮想通貨が取引可能となりました。

Ethereum (ETH/USD)

Litecoin (LTC/USD)

Dash (DSH/USD)

Ripple (XRP/USD)

Ethereum(イーサリアム)

イーサリアムはビットコインの次に時価総額が大きい仮想通貨です。

イーサリアムはビットコインと同じ分散された公開されたブロックチェーンネットワークです。

イーサリアムのブロックチェーンは全ての分散化アプリケーションのプログラミングコードを実行することに焦点をあてている「スマートコントラクト」という概念に特長があります。

仮想通貨としての決済機能だけでなく取引に関わる全ての手続きをデジタル化し「契約情報」をすべてのブロックチェーン上で管理し保管できる分散化の仕組みを持ちます。

Litecoin(ライトコイン)

ライトコインは数多く存在するアルトコインの中でも最初のほうに作られた仮想通貨です。

ビットコインのプログラムコードに基づいて作られています。

アルトコインとは一般的にビットコイン以外の仮想通貨のことを言います。

基本的な仕組みはビットコインと同じですが、ビットコインよりも取り引き承認速度が早いということで注目を浴びています。

ビットコインの承認時間がおよそ10分なのに対し、ライトコインの承認時間はおよそ2分半と約4分の1です。

Dash(ダッシュ)

ダッシュはもともとDarkcoin(ダークコイン)という名前でしたが2015年にDash(ダッシュ)に改名しました。

改名理由は・・・・何となく分かるでしょうけれど「イメージが悪かったから」とのこと。

ダッシュの特長は、匿名性が高いこと、取り引きスピードが早いこと、マスターノードを利用していることです。

ビットコインと違い、「coinjoin方式」により送信者と受信者の情報が外部から確認することができません。

取り引きスピードは公式サイトによると1秒未満という爆速なのだそうです。

匿名性の高さ、取り引きスピードの速さはマスターノードという仕組みが成せる業とのこと。

Ripple(リップル)

あのGoogle社が投資したことで一気に注目された仮想通貨です。

リップルは単一のオンライン通貨ではありません。

1リップルを支払えば、ドルでも円でもビットコインでさえも金銭を送受できます。

1,000億リップルが流通したあとは新たなリップルは作られません。

リップルは金銭取り引きサービスのためのトークン(代替貨幣)と言えます。

ビットコインと同様に採掘量が決まっています。

リップルの上限は1,000億枚です。

ネットワーク上でトランザクション(取り引き)が起こるごとにリップルが減少していく設計になっています。

XMで仮想通貨の取り引きが行えるのはMT5口座のみです。

MT4口座を開設しているトレーダーはこれを機会にMT5口座を開設してもいいかと思います。

MT4口座を持っているトレーダーならば簡単にMT5口座を開設できます。

2018年1月現在、XMに於ける仮想通貨の取り引きは停止されています。

2018年に入り、ビットコインを始め仮想通貨の価格が急激に下落しました。

現在の仮想通貨はとても不安定な状況です。

このような状況下でのトレードはトレーダーに大きな損失を与える可能性が高いです。

取り引き停止は「一時的」とのことなので、状況が改善されれば取り引きは再開されることでしょう。

XMで仮想通貨の取り引きが再開

2018年10月、ついに仮想通貨の取り引きが再開されました。

最大レバレッジは5倍です。

これまでと同様、取り引きが行えるのはMT5の口座のみです。

FXと仮想通貨の両方の取り引きを行いたいと思っていたトレーダーも多いと思います。

為替相場に動きがなくエントリーできるポイントが見つからないときなど、仮想通貨で取り引きできればチャンスが広がります。

最近も仮想通貨に関する悪いニュースがありましたがXMで仮想通貨の取り引きが再開されたことは喜ばしいことだと思います。

XMでも仮想通貨の取り引きは買いからでも売りからでも行えるので価格が下がり調子の今でも取り引きには何ら問題がないのでトレードしやすい環境だと思います。

XMの口座を持っていて、仮想通貨にも興味があったというトレーダーは試してみてもいいでしょう。

MT5の口座を持っていなくてもすぐに簡単にMT5の口座を開設できすぐに始められます。

Pocket

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!